現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 福祉医療費助成制度 > 訪問看護ステーションによる訪問看護を受けたときの医療費が助成対象になります

更新日:2021年4月5日

訪問看護ステーションによる訪問看護を受けたときの医療費が助成対象になります

ここから本文です。

これまで訪問看護ステーションによる訪問看護については福祉医療費の助成対象外としていましたが、令和3年7月から助成対象となります。

1.どんな人が対象?

福祉医療費助成受給者の方

以下の医療費助成を受けている方が対象です。

  • 重度障害者医療費助成
  • 高齢重度障害者医療費助成
  • 高齢期移行者医療費助成
  • こども医療費助成
  • ひとり親家庭等医療費助成

2.どうすれば助成されるの?

兵庫県内の訪問看護ステーションを利用する際に、以下の書類を提示してください。

  • 健康保険証
  • 福祉医療費受給者証
  • 高齢受給者証(70歳~74歳の方のみ)
  • 限度額適用認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)

兵庫県外の訪問看護ステーションを利用する場合は、受給者証を使うことができませんので保険診療の自己負担(医療費の1割~3割)を負担いただき、後日お住まいの区役所・支所または出張所で申請することで払い戻します。なお、高齢重度障害者医療を受給している方は払い戻し手続きは不要です。

3.医療費はどのくらい安くなる?

保険診療の自己負担(医療費の1割~3割)から下記の外来一部負担金を控除した額を助成します。

外来一部負担金

制度 区分 一部負担金
(高齢)重度障害者医療費助成 一般 1医療機関ごとに1日600円を限度に月2回までの負担(3回目以降無料)
高校生以下、低所得 1医療機関ごとに1日400円を限度に月2回までの負担(3回目以降無料)
重症心身障害児(者) 自己負担なし
高齢期移行者医療費助成 区分1 2割負担で8,000円まで負担
区分2 2割負担で12,000円まで負担
こども医療費助成 0歳から2歳 自己負担なし
3歳から15歳(中学3年生) 2割負担で1医療機関ごとに1日400円を限度に月2回までの負担(3回目以降無料)
ひとり親家庭等医療費助成 - 1医療機関ごとに1日400円を限度に月2回までの負担(3回目以降無料)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局国保年金医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階