現在位置

新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルスについて > 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について

更新日:2021年5月12日

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について

ここから本文です。

スケジュール

高齢者へのワクチン接種については、まずは高齢者入所施設の入所者及び従事者を対象として開始しております。
施設入所者以外の高齢者へは、高齢者施設での接種と並行して、下記のとおり進めます。

時期 内容
5月10日~ 集団接種会場での接種開始(11会場)※灘区会場を除く
5月14日~ 灘区暫定集団接種会場(BBプラザ神戸12階)での接種開始(6月6日まで)
5月17日~ 順次、診療所・病院での個別接種開始
接種券の発送(73歳以上75歳未満)
5月20日~ 接種券の発送(71歳以上73歳未満)
5月24日~ 接種券の発送(69歳以上71歳未満)
5月27日~ 接種券の発送(67歳以上69歳未満)
5月31日~ 接種券の発送(65歳以上67歳未満)
5月下旬ごろ 大規模接種会場の設置(神戸ハーバーランドセンタービル)※調整中
6月7日~ 灘区会場での接種開始

 

ワクチン接種の予約

  • 予約する前に接種券と接種希望日時(第3希望まで)をご準備のうえ、下記の方法で予約をお願いします

(1)まずは、かかりつけの診療所・病院に電話を

神戸市のコールセンターや予約サイトで既に予約された方が、かかりつけの診療所・病院での接種を希望される時は、既に予約済みであることを診療所・病院にお知らせください。(神戸市で予約をキャンセルします。)

(2)かかりつけの診療所・病院で接種していないときは、インターネット予約を

区役所等で、インターネット予約手続きのお手伝いを行っています。(お助け隊)
⇒本日の受付状況はこちらで確認できます
 

インターネット予約が難しい場合は、コールセンターへ

お電話が集中し、大変つながりにくい状況が続いています。できるだけインターネット予約をご利用ください。

 

web2インターネットで予約する(外部リンク)

tel
電話で予約する(078-277-3320)

 ※ 電話番号のかけ間違いにご注意ください。

  • 平日:8時30分~20時00分
  • 土日祝:8時30分~17時30分
  • 耳や言葉の不自由な方の予約に関するご相談はこちら
Eメール:pwd-vaccine-kobecity@persol.co.jp
FAX:050-3156-0729
※EメールやFAXでの予約は受け付けておりません。

 

接種後の副反応について

 ワクチン接種後に注射した部分の痛みなどの副反応が見られることがあります。

1.接種の前に

 副反応について詳しく知りたい、相談したい場合はこちら
 厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」(外部リンク)
 兵庫県新型コロナワクチン専門相談窓口(9時~17時30分(平日、土日祝含む))
 電話:078-361-1779
 FAX:078-361-1814

2.接種した後に

 「注射した部分が痛い」「倦怠感がある」「頭痛がする」「寒気がする」「関節や筋肉が痛い」「発熱する」などの副反応が出た場合
 ほとんどが接種後数日で回復しますので、自宅で様子を見てください。

3.2日以上症状が続く

 我慢出来ないほどの痛みがある場合や、発熱が2日以上続く場合などで、受診すべきかどうか迷う場合には、まずは、かかりつけ医かワクチンを接種した医療機関へ電話で相談して下さい。

4.かかりつけ医や接種をうけた医療機関に連絡が取れない

 我慢できないほど症状が重い場合や2日以上症状が続く場合で、休日・夜間などかかりつけ医や医療機関に連絡が取れない時には、「神戸市新型コロナワクチン副反応医療相談窓口」にご相談ください。
こちらの窓口では、接種の予約や予約窓口への取次ぎはできません。

新型コロナワクチン副反応医療相談窓口(24時間(土曜日・日曜日、祝日を含む))
 電話:078-252-7155
 対応言語:8か国語(日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語)(日本語以外は三者通話での相互通訳)
 (
耳や言葉の不自由な方のご相談はこちら)
 FAX 078-570-5777
 

新型コロナワクチンとは

新型コロナワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症や重症化を予防します。
最新の研究では、新型コロナウイルス感染症のワクチンを受けた人と受けていない人を比べると、ワクチン接種を受けた人の方が発熱や咳などの症状の発症が少なく、ファイザー製ワクチンの発症予防効果は約95%と報告されています。
 

よくある質問と回答
神戸市でのワクチン接種に関する、よくある質問と回答(Q&A)をもっと見る
ワクチンの効果、副反応等に関する、よくある質問と回答(Q&A)をもっと見る(厚生労働省)(外部リンク)

Q1 ワクチンコールセンターにつながらないときはどうしたらいいですか?
Q2 2回目の接種予約方法を教えてください
Q3 接種予約サイトで予約したが、メールが届きません
Q4 どこで接種を受けられますか?
Q5 誰が神戸市で接種を受けられますか?
Q6 接種に費用はかかりますか?
Q7 ワクチンは必ず接種しなければいけませんか?
Q8 ワクチンの効果と安全性について教えてください
Q9 アナフィラキシーではどのような症状が出ますか?治療法はありますか?
Q10 妊娠中や授乳中の人は、ワクチンを受けることができますか?
Q11 子どもはワクチンを受けることができますか?
Q12 接種の優先順が高齢者の次とされている、基礎疾患とは具体的にどのような病気ですか?

 

  • お電話が集中し、大変つながりにくい状況が続いています。できるだけインターネット予約(24時間受付)をご利用ください。
  • ワクチンコールセンターの受付体制の強化を図っており、現在135回線で対応しておりますが、5月17日までに200回線、5月31日までに300回線に増強を予定しております。

 

  • 2回目の接種は、1回目の接種後に、接種を受けた診療所・病院・集団接種会場でも予約ができます。

 

  • 予約サイトでの予約が正常に完了した場合、指定したメールアドレスに予約完了メールが届きます。
  • メールが届かない場合は、予約が完了していない可能性がありますので、コールセンター(078-277-3320)にお問い合わせください。

 

  • 神戸市内の医療機関と集団接種会場で受けられます。
  • 神戸市内で接種予約が可能な医療機関一覧はこちらをご覧ください。
  • 集団接種会場はこちらをご覧ください。

 

  • 神戸市に住民票がある方は、市内の接種会場で接種を受けることができます。
  • また、下記のようなやむを得ない事情のある方は、住民票が神戸市になくても接種を受けることができます。

出産のために里帰りしている妊産婦
単身赴任者
遠隔地へ下宿している学生
ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
入院・入所者
基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
災害による被害にあった者
拘留又は留置されている者、受刑者
その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者

 ※神戸市に住民票がある方で、上記にあてはまる場合は、神戸市外で接種を受けることができます。
 

  • 接種費用は無料です。
  • 市からご自宅(住民票の住所)に送付する接種券で、無料で接種できます。神戸市内の医療機関と集団接種会場で受けられます。

 

  • 新型コロナワクチンの接種は、予防接種法上、接種を受ける努力義務があるとされています。
    ただし、妊婦については接種データが少ないため、除外されます。
    なお、ファイザー社の新型コロナワクチンについては16歳以上が薬事承認の対象となっているため、16歳未満は接種対象外です。
  • 接種を受ける方には、接種による発症・重症化予防効果と安全性の双方についてご理解いただき、ご本人の同意のうえで接種していただきます。

 

  • ワクチンの接種を受けた人は、受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ないことが、研究結果より明らかになっています。
    ファイザー社のワクチンの発症予防効果は、2回の接種で約95%と報告されています。また、ファイザー社のワクチンでは、変異株の新型コロナウイルスにも作用する抗体がつくられた、といった実験結果も発表されています。
  • 新型コロナワクチンに限らず、どんなワクチンでも接種後に、接種部分の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。ただし、副反応の大部分は数日以内に回復しています。
    また、まれではありますが、アナフィラキシーなど重いアレルギー反応が生じる可能性もあります(詳細はQ9をご覧ください)。

 

  • 薬や食物が身体に入ってから、短時間で起きることのあるアレルギー反応です。じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急におこります。血圧低下や意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合を、アナフィラキシーショックと呼びます。
  • アナフィラキシーは特定のワクチンだけに起きるものではなく、様々な医薬品やワクチンの投与後に報告されています。例えば、インフルエンザワクチン接種後の副反応疑い報告では、因果関係があるかどうか分からないものも含め、1シーズンで、約20件のアナフィラキシーが報告されています。
  • 予防接種後に、息苦しさなどの呼吸器症状がみられれば、接種会場や医療機関で、まず、アドレナリン注射を行います。そのあと、症状を軽くするために、気管支拡張薬等の吸入や抗ヒスタミン薬、ステロイド薬の点滴や内服なども行います。
  • 神戸市の各接種会場では、万が一、接種を受けた後にアナフィラキシーショックやけいれん等の重篤な副反応がみられた場合に備えて、エピペン(アドレナリン注射)を配備するなど副反応への備えについても、万全の体制を整えます。

     
  • 妊娠中、授乳中の方も、受けることができます。
  • 妊娠中や授乳中であることで、現時点で特段の懸念が認められているわけではありませんが、安全性に関するデータが限られているため、接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断してください。
  • ワクチンを受けるかお悩みの方は、主治医とご相談ください。
     
  • 現在、薬事承認されている、ファイザー社の新型コロナワクチンは、16歳以上が対象です。
  • 接種の日に、16歳に満たない方は、ワクチン接種の対象にはなりません。

 

  • 国では高齢者の次に、65歳未満の方で下記基礎疾患をお持ちの方への接種が想定されています。

 以下の病気で通院・入院中の方
 慢性の呼吸器の病気
 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
 慢性の腎臓病 慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)
 インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
 ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
 染色体異常
 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
 睡眠時無呼吸症候群

 または、以下の状態の方
 基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

  • なお、基礎疾患の有無は予診票に記入することで申し出ることが想定されていますが、具体的な手続きについては決まり次第、市のホームページや広報紙等でお知らせします。

ページの先頭へ戻る

接種までの流れ

  1. 市から対象者に新型コロナワクチンの接種に必要な「接種券」を送付します
  2. 接種券が届いた人は、内容を確認してご自身で「予約」してください
  3. 予約した日時に接種会場に行き、ワクチンの接種を受けてください(計2回)

令和3年4月以降、65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前生まれ)への優先接種を段階的に開始予定です。
 対象者には、接種開始時期にあわせて、接種券を順次送付します。接種券は接種時に必要になりますので大切に保管してください。
その後、引き続いて、対象となる市民のみなさまへの接種券発送及びワクチン接種を実施します。

接種費用

費用は無料です。市からご自宅(住民票の住所)に送付する接種券で、無料で接種できます。

ページの先頭へ戻る

接種会場

全市の集団接種会場を決定しました。
なお、お住いの区にかかわらず、接種会場は自由にお選びいただけます。

東灘区 御影公会堂
灘区 BBプラザ神戸12階 ※5月14日から6月6日まで(5月11日から予約できます。)
JR灘駅駅舎3階  ※6月7日接種開始(5月10日から予約できます。)
中央区 三宮OPA2 3階(ダイエー神戸三宮店と同一建物)
兵庫区 兵庫区役所2階
北区 北区文化センター1階
エコール・リラショッピングセンター本館5階
長田区 長田区文化センター
須磨区 須磨区役所4階
垂水区

垂水区文化センター ※7月までの予約が終了しました。(現在、予約枠の拡大を検討中です。)

西区 西神中央駅2階北側
[5月]西区役所4階(西公会堂)→[6月以降開設]西水環境センター玉津処理場3階

車での来場(広域アクセス)が便利な接種会場

兵庫区 イオンモール神戸南店3階                          

ページの先頭へ戻る

神戸市における接種実績

現在は、医療従事者向けの優先接種、高齢者入所施設に入所する高齢者及び従事者、高齢者への接種を順次進めています。


ページの先頭へ戻る

 

ワクチン接種に関する相談窓口


神戸市新型コロナワクチン接種コールセンター

ワクチンの接種が可能な市内医療機関の紹介や集団接種の予約方法の案内、接種券の再発行などの問い合わせを受け付けています。

電話番号:078-277-3320
受付時間:8時30分~20時00分(平日)
        8時30分~17時30分(土日祝)
※電話での問い合わせが困難な方はこちらから
pwd-vaccine-kobecity@persol.co.jp

 

兵庫県新型コロナワクチン専門相談窓口

医学的知見が必要となる専門的な相談はこちらまで

電話番号:078-361-1779 
FAX:078-361-1814
受付時間:9時00分~17時30分(土日祝含む)
 

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

ワクチン全般のお問い合わせはこちらまで

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土日祝含む)

聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

(参考)国の機関等からの情報

新型コロナワクチンについての情報

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア