現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 新型コロナウイルスの基礎知識

更新日:2020年11月26日

新型コロナウイルスの基礎知識

ここから本文です。

新型コロナウイルスの基礎知識

1.新型コロナウイルスはどのように感染する?
2.感染してからの潜伏期間はどれくらいか?
3.新型コロナウイルスを他の人にうつす可能性がある期間は?
4.新型コロナウイルスの症状は?
5.感染した人のどれくらいが重症になる?
6.濃厚接触者とはどんな人?
7.濃厚接触者になるとどうなる?
8.周辺で患者が出て、不安だが?
9.マスクの効果は?
10.フェイスシールドの効果は?
11.感染リスクが高いのはどのような場面ですか?

1.新型コロナウイルスはどのように感染する?
・新型コロナウイルスは、インフルエンザと同様に、主に会話やせき、くしゃみで飛び散った唾液が、口や鼻などから入り込むこと(飛沫感染)や、飛び散った唾液に手で触れること(接触感染)を通じて感染します。※1
保健所からのお願い
  人が集まる場所では、冬でも窓を開け、換気を心がけましょう。
  マスクの着用ときちんと手洗い、指手消毒をしましょう。(特に指先)。

2.感染してからの潜伏期間はどれくらいか?
・発症するまでの潜伏期間は1~14日(一般的には5~6日)とされています。(WHO Q&A)※2

3.新型コロナウイルスを他の人にうつす可能性がある期間は?
・発熱や咳などの症状が出た日の2日前から他の人にうつす可能性があります。※3
・発病の直前・直後で特にウイルス量が多くなると考えられています。
・発熱等の症状が出てから7日~10日程度経つと、感染力が急激に低下します。
・このことから厚生労働省の退院基準は、発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合となっています。※4

4.新型コロナウイルスの症状は?
・大半の患者に発熱、せき、息切れの少なくとも一つの症状があり、必ずしも発熱を伴わないことが分かっており、最も多い症状はせき(84%)で発熱(80%)を上回っています。(アメリカ疾病対策センター調査)※5
保健所からのお願い
 熱がなくても、せきやのどの痛みなどの症状があれば、できるだけ外出は控え、仕事は休みましょう。

5.感染した人のどれくらいが重症になる?
・新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、1.62%の人が重症化したとされています。※6
・重症化しやすいのは、高齢者と基礎疾患のある方です。重症化のリスクのある基礎疾患には、慢性閉そく性肺疾患、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患、肥満があります。
・また、診断された人のうち、0.96%の人が亡くなったとされています。※7

6.濃厚接触者とはどんな人?
患者と感染可能性がある期間(発症2日前)に、1メートル以内で、マスクなど必要な感染予防策なしで15分以上の接触があった人を濃厚接触者として、保健所が特定します。※8

7.濃厚接触者になるとどうなる?      ⇒ 受診・検査の流れ 受診・診断の流れ
濃厚接触者になると、全員にPCR等検査を受けていただきます。
陽性の場合は、症状により、病院に入院あるいは宿泊療養施設に入所していただきます。
陰性であったとしても、患者と最終接触があった日の翌日から潜伏期間である14日間は、通勤や通学を控え、自宅で過ごしてください。※9

8.周辺で患者が出て、不安だが?     受診・検査の流れ 受診・診断の流れ
・患者が発生すると、保健所が患者から聞き取り調査を行い、その患者から感染した可能性がある人を特定していきます。
・ご自身の周辺で感染患者が確認された場合でも、保健所から連絡がなければ、通常通り生活していただいくことになります。万が一、気になる症状が出た場合は、かかりつけ医を受診してください。

9.マスクの効果は?
・感染対策として、マスクは基本です。人と1メートル程度の距離が保てない場合は、マスクを着用しましょう。
・マスクをしていれば、咳やくしゃみでウイルスを広げることをかなり防ぎ、また、ウイルスを吸い込むことも減らせます。※10
・ほとんどの感染は、マスクをしない状態で発生しています。
¶ 飲食の際はマスクを外しますので、会話をする際はマスクをするなど工夫をしましょう。
¶ なお、換気ができており十分な距離が確保できる場合や、一人でいる場合は、マスクを外しても差支えありません。

10.フェイスシールドの効果は?
・フェイスシールドは、主に会話やせき、くしゃみで飛び散った唾液から眼を防護するもので、マスクとあわせて使用するのが標準とされています。フェイスシールドのみではマスクの代わりにはなりませんのでご注意ください。

11.感染リスクが高いのはどのような場面ですか?
感染リスクが高いのは、以下の5つの場面です。
⇒出典:厚生労働省「感染のリスクが高まる「5つの場面」(外部リンク)※11
・飲酒を伴う懇親会
・大人数や長時間に及ぶ飲食
・マスクなしでの会話
・狭い空間での共同生活
・休憩室、更衣室など、仕事での休憩時間に入った時の居場所の切り替わりの場面

kansenrisk_5bamen

※1 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引・第3版 6ページ 伝播様式
※2 同上
※3 同上
※4 厚生労働省「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取り扱いについて(一部改正)」令和2年6月25日
※5 ・CDC(アメリカの疾病対策センター)の調査 Symptom profiles of convenience sample of patients with COVID-19 MMWR July17 2020 905ページ 10行目新型コロナウイルス感染
 ・(COVID-19)診療の手引・第3版 9ページ 臨床像
 なお、下痢は約1割、味覚症状が17.1%、嗅覚障害が15.1%見られる。
※6 厚生労働省「(2020年10月時点)新型コロナウイルス感染症の“いま”についての10の知識 」3ページ
※7 同上
※8 積極的疫学調査実施要領について(2020年4月21日)
※9 厚生労働省「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取り扱いについて(一部改正)」及び参考資料3ページ(2020年5月29日)
※10 東京大学医科学研究所 感染・免疫部門ウイルス感染分野 河岡 義裕教授
  「新型コロナウイルスの空気伝播に対するマスクの防御効果」
※11 厚生労働省「(2020年10月時点)新型コロナウイルス感染症の“いま”についての10の知識」 7ページ
  感染のリスクが高まる「5つの場面」

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア

健康局保健所予防衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階、1号館21階 西側フロア