ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 予防接種 > 高齢者インフルエンザ定期予防接種について > 無料対象となる場合の証明書類(高齢者インフルエンザ定期予防接種)

無料対象となる場合の証明書類(高齢者インフルエンザ定期予防接種)

最終更新日:2022年8月31日

ここから本文です。

 

6月に届く「介護保険料のお知らせ(納入通知書)」があれば無料になります

「介護保険料のお知らせ(納入通知書)」(接種する年度発行の介護保険料第1~3段階のものに限る、6月下旬頃ご自宅へ郵送されます、再発行不可)をお持ちの方は、無料対象者の証明書類となりますので無料対象確認証を申請する必要はありません。

介護保険料のお知らせ(納入通知書)保管のお願い

「介護保険料のお知らせ(納入通知書)」以外の無料証明書類

以下のいずれかの書類がお手元にある場合は、医療機関に直接提示していただくと無料で接種できますので、無料対象確認証を申請する必要はありません。

「介護保険負担限度額認定証」見本 「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」見本
※「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」は証明書類にはなりませんのでご注意ください。
介護保険負担限度額認定証見本 後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証見本
「生活保護適用証明書」見本
生活保護適用証明書見本
「生活保護法医療券」見本 「神戸市公害医療手帳」見本
生活保護法医療券見本 神戸市公害医療手帳見本

※上記以外にも「令和4年度高齢者肺炎球菌のご案内【定期予防接種接種券】」の無料対象者専用案内ハガキ(ハガキ③面の接種料金が「無料」となっているもの)、中国残留邦人等支援給付対象者「本人確認証」、「支援給付適用証明書」が証明書類となります。

無料対象確認証について

上記の無料となる証明書類がない方は無料対象確認証を申請してください。
令和3年9月1日より電子・電話・郵送でのお手続きのみになりました。
※区役所での窓口交付は行わず事前申請となります。(接種後の申請は不可
令和4年度高齢者インフルエンザ定期予防接種無料対象確認証はピンク色です。
お手元に届きましたら内容をよくご確認いただき、予防接種を受ける医療機関にご提出ください。なお、定期接種期間を過ぎると、任意接種となり費用助成はできませんのでご注意ください。
申請方法については以下をご確認ください。
証明書類を紛失した場合(高齢者インフルエンザ定期予防接種無料対象確認証の申請)

お問い合わせ先

健康局保健所保健課