ワクチン接種証明書

最終更新日:2022年9月1日

ここから本文です。

お知らせ

  • 接種証明書(紙版)はインターネット・郵送での申請になります。即日発行はできません。申請受理から(必要な書類がすべて整ってから)7日から10日程度かかりますので、余裕をもってご申請ください。

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について

新型コロナワクチンの接種を受けたことを証明する「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」が必要な方からの交付申請を受け付けています。
  • ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。
  • 他の市町村が発行した接種券を用いて接種を受けた分に係る証明書については、接種券を発行した市町村へ交付申請してください。
  • 交付申請に不備等があった場合は、交付申請された方へ連絡することがあります。
  • この接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。

1.新型コロナワクチン接種証明書アプリ

概要

日本政府が公式に提供する、新型コロナワクチン接種証明書を取得できるアプリです。
※アプリの使い方は、デジタル庁ウェブサイト(外部リンク)をご覧ください。

アプリのメリット

  • 無料で取得できます。
  • 即時発行可能です。
  • 取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。

自動交付できない方(例)

下記に該当する方は接種証明書(紙版)より申請してください。

  • DV被害者等の要配慮者(自動交付により、加害者等に意図せず情報が渡るおそれがあるため)
  • 接種記録がVRSに未登録の人(参照する接種記録がないと発行できないため)
  • 旅券以外の渡航文書で請求する人(渡航向けの証明書が必要な人は、旅券のMRZの読み取りを行うため)

申請前に用意するもの

  • スマートフォン(iOS13.7以降もしくはAndroidOS8.0以降かつNFCTypeB対応端末)
  • マイナンバーカード ※マイナンバーカードの申請はこちら
  • 券面事項入力補助用暗証番号(4桁)
  • (海外・国内兼用のみ)パスポート

券面事項入力補助用暗証番号について

  • 券面事項入力補助用暗証番号は、マイナンバーカードを受け取った際にご自身で設定した数字4桁の暗証番号です。
  • 入力を3回間違えるとロックがかかります。忘れてしまった場合やロックがかかってしまった場合は、お住まいの区役所の市民課で再設定が必要です。
券面事項入力補助用暗証番号の再設定についてはこちら

申請の流れ

(1)スマートフォン上で「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をダウンロード

(2)マイナンバーカード+券面事項入力補助用暗証番号(4桁)で申請

(3)【海外・国内兼用の証明書のみ】パスポートの情報をアプリで読取

(4)接種情報を2次元コード付き接種証明書としてアプリに交付
 
 

アプリで接種情報が正しく表示されない場合

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」から接種証明書を発行する際に、接種情報が正しく表示されない方は神戸市スマート申請システム(e-KOBE)よりお手続きください。
発行できなかった原因を確認し、接種情報を修正します。修正後に、神戸市スマート申請システム(e-KOBE)よりメールが送付されます。
 

発行回数「0回」やエラーコード「69900」「90010」が表示される場合は、アクセスが集中している可能性があるようです。e-KOBEから申請する前に、時間をおいてから再度アプリから発行手続きをお試しいただくようお願いいたします。

 

注意事項

アプリ上で接種証明書発行を試行して修正等が必要な場合のみ申請してください。
・個別の申請に関する対応状況はお答えできません。

(1)申請対象者

  • 「自治体での手続きや問い合わせが必要」と表示された方
  • アプリ上に表示された接種情報に誤りがある方

(2)申請する前に用意していただくもの

  • 接種券番号が分かるもの(画像の添付は必要ありません)
  • 接種が証明できるもの(接種済証、接種証明書)
  • 本人確認書類(氏名、生年月日が含まれているもの)

(3)申請マニュアル

「お助け隊」によるお手伝い

「お助け隊」が操作案内のお手伝いをします。
 お助け隊の詳細はこちら

2.接種証明書(紙版)

電子申請(神戸市スマート申請システム:e-KOBE)

概要

新型コロナウイルスワクチンを接種したことの証明書を紙で発⾏します。
申請受理から(必要な書類がすべて整ってから)7日から10日程度で証明書を郵送または窓口で交付します。

証明書の種類

接種証明書には【海外・国内兼用】と【日本国内用】の2種類があります。
用途に応じて、神戸市スマート申請システム(e-KOBE)よりお手続きください。
※接種証明書(ワクチンパスポート)が使用できる国・地域はこちら(外部リンク)

注意事項
手数料は無料です
・個別の申請に関する対応状況はお答えできません。
・接種証明書(紙版)はインターネット・郵送での申請になります。即日発行はできません。

(1)申請対象者

  • 政府が提供する公式アプリ及びマイナンバーカードを⽤いた電子版接種証明書の利⽤が困難な⽅

(2)申請していただく前に用意するもの

  • 接種券番号がわかるもの

紛失するなど提出できない場合は、マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票)、もしくは住所が記載された本人確認書類(運転免許証・健康保険証等の写し)を提出してください。

  • 接種が証明できるもの(接種済証、接種記録書)

提出がない場合、交付まで最大で2か月から3か月程度かかることがあります。

  • 【海外・国内兼用】パスポート

(3)申請マニュアル

国内用
 
海外・国内兼用

郵送申請

神戸市スマート申請システム(e-KOBE)からの申請が困難の方向けに郵送申請を案内します。
※申請受理から(必要な書類がすべて整ってから)7日から10日程度で証明書を郵送で交付します。

申請書の様式

国内用
 
海外・国内兼用
 
※申請書の様式が印刷できない方は、神戸市新型コロナワクチン接種コールセンター(078-277-3320)に連絡し、申請書を取り寄せてください。

コンビニ交付(日本国内用)

対象のコンビニエンスストア等店舗内の端末で接種証明書が取得できます。
利用には、マイナンバーカード(個人番号カード)と暗証番号4桁が必要です。

手数料・利用可能時間

手数料:接種証明書発行料(120円)
利用可能時間:6時30分~23時

利用可能店舗(神戸市内)

  • セブンイレブン

その他詳細につきましては、厚生労働省のホームページでご確認ください。
厚生労働省(外部リンク)

 

接種済証の再発行

紛失・破損により接種済証の再発行を希望される方は、以下のいずれかで再発行の申請をお願いします。
 
【注意事項】
  • 接種日時点で神戸市に住民票があった方のみ接種済証を再発行できます。
  • 接種済証の再発行について、接種記録システムに接種記録がない場合、発行まで数か月かかる場合があります。
  • 接種済証は接種券の(1・2回目接種の場合)右側、または(3回目接種)左側にあります。お手元の接種券をご確認ください。
point


 

神戸市スマート申請システムでの申請

接種済証の再発行

1.以下の書類をお手元にご用意してください(画像の添付が必要な書類です)。
(1)接種終了が証明できるもの(接種済証、接種記録書)
 ※接種が証明できるものがお手元にない場合も申請できますが、発行までに時間がかかる場合があります。

(2)送付先住所の確認書類(運転免許証、マイナンバーカード(表面)など)

2.神戸市スマート申請システムの操作マニュアルをお読みの上、お手続きください。
 ・操作マニュアル(PDF:2,234KB)
 ※神戸市では対面による申請は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。
 ※申請サイトでは「接種済証」をお選びください。

 

3.申請内容の審査完了後、接種済証を郵送で交付します。

  • 手数料は無料です。通常、申請受理から7~10日程度かかります。
  • 個別の申請に関する対応状況はお答えできません。
電子申請(神戸市スマート申請システムからの申請)が出来ない方は、新型コロナワクチン接種コールセンターに電話をして接種済証をお取り寄せください。

接種済証の再発行について、接種記録システムに接種記録がない場合、発行まで数か月かかる場合があります。

ワクチン接種コールセンターでの申請

  • 下記連絡先へお電話の上、接種券をお取り寄せください。
神戸市新型コロナワクチン接種コールセンター
(平日8時30分~20時00分土日祝日8時30分~17時30分)
電話:078-277-3320
FAX:050-3156-0729

 

AIチャットボットに質問

お問い合わせ先

新型コロナワクチン接種に関するお問い合わせ・ご相談はワクチン相談窓口をご利用ください