フレイルチェック

ここから本文です。

神戸市では、年齢とともに全身の予備能力、筋力や心身の活力が低下し、介護が必要な状態になりやすい状態である「フレイル」を予防するため「フレイルチェック」を平成29年度から実施しています。
体重減少、疲れやすさ、握力低下、歩行速度の低下など、思い当たることはありませんか。
フレイルは、早めに気づいて、適切な食事・運動を心がければ、再び元気な状態に戻る可能性があります。
まず、フレイルチェックを受けて、今の元気な状態を知って、フレイル予防を意識した生活をおくりましょう。

フレイルチェック・特定健診の両方を受けると、自分の生活を振り返るのにより役立ちます。

フレイルチェックを受けられる方

神戸市国保加入の平成31年度に65歳の誕生日を迎えられる方(昭和29年4月1日~昭和30年3月31日生まれ)および平成29年度にフレイルチェックを受けた66歳の誕生日を迎えられる方(昭和28年4月1日~昭和29年3月31日生まれ)
フレイルチェックのご案内を、上記の方には4月中旬に個別送付いたします。

フレイルチェックの受け方

市内のフレイルチェック実施機関でフレイルチェックだけ受ける方法と、神戸市で実施している市民健診集団健診会場で健康診査と同時に受ける方法があります。
フレイルチェックの料金は無料ですので、是非ともお受けください。

フレイルチェック実施機関での受け方

フレイルチェックステッカー市内のフレイルチェック実施機関(薬局等)で受診できます。
下記のリンクのフレイルチェック実施機関一覧からご希望の機関をお選びいただき、お申し込みください。

フレイルチェック実施機関は右記のステッカーが目印です→

フレイルチェック実施機関一覧

市民健診集団健診会場での受け方

神戸市で実施している市民健診集団健診会場で健康診査と同時に受診できます。
※フレイルチェック単独受診はできません。
集団健診の日程は下記の通りです。

フレイルチェックの実施項目

  • フレイルチェック質問票(基本チェックリストなど)
  • 各種測定:ふくらはぎ周囲長、指輪っかテスト、握力、立ち上がり、だ液ゴックンテスト・咀嚼チェックガム

所要時間は約10分です(質問票を除く)
動きやすい服装・靴でお受けください。
※身体の状況に合わせて、実施可能な項目のみ計測することも可能ですので、スタッフにご相談ください

料金 無料

「フレイル」とは

「フレイル」とは1

「フレイル」とは2

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部国保年金医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階