現在位置

ホーム > くらし・手続き > 年金・保険 > 国民健康保険 > 出産育児一時金について > 出産育児一時金の支給申請(国保加入者が出産した場合)

更新日:2021年7月6日

出産育児一時金の支給申請(国保加入者が出産した場合)

ここから本文です。

郵送による手続き(出産)

  • 国保加入者が出産した場合、出産育児一時金を医療機関等への直接支払または神戸市行政事務センターへの申請により支給します。

直接支払

出産に要した費用を、国保から直接医療機関に支払う「出産育児一時金直接支払制度」を利用して、医療機関等での窓口負担を減らすことができます。分娩する医療機関等の窓口で保険証を提示して、医療機関等と代理契約を結んでください。

  • 直接支払制度を利用しなかった場合は、神戸市行政事務センターに申請書を郵送してください。
  • 直接支払制度を利用して出産費用が支給金額を下回った場合は、差額を支給します。対象世帯には住所地の区役所等から申請書類を郵送しますので、同封している案内をご覧のうえ申請手続きをしてください。
  • 出産育児一時金の支給金額は、出生児1児につき42万円です。(産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産した場合は40万4千円です。)(妊娠85日以降であれば流産・死産の場合にも支給されます。)
  • 申請者は世帯主です。出産育児一時金の振込先は、原則として世帯主名義の口座となります。
  • 勤務先の健康保険等の被保険者期間が資格喪失日の前日まで継続して1年以上ある方が、資格喪失日から6か月以内に出産した場合は、勤務先の健康保険等に出産育児一時金を申請することが可能です。この場合、国保の出産育児一時金は受給できません。また、国保で出産育児一時金を受給した場合、健康保険等からは受給できません。(健康保険等には付加給付がある場合もあります。)
  • 海外の医療機関等で出産した場合の出産育児一時金の申請手続きは、郵送では受付できません。住民登録をしている区役所・支所の国保の窓口にご相談ください。
  • 出産日の翌日から2年を過ぎると支給されません。
  • 出生児が国保に加入する場合、国民健康保険の資格取得(加入)の届出が必要です。郵送では受付できませんので、住民登録をしている区役所・支所の国保の窓口までお越しください。

国保への加入の届出

区役所等の住所・電話番号

1.申請用紙の印刷

出産育児一時金支給申請書(PDF:192KB)

  • プリンタが無いため印刷できない場合は、スマートフォン・パソコンのネットワークプリント等のアプリ・ソフトを利用して文書をダウンロードし、コンビニエンスストアにあるマルチコピー機を使って印刷ができます。

2.申請書の記入・作成

出産育児一時金支給申請書の記入例(PDF:390KB)

  • 記入例をよくご覧いただき、必要事項を記入してください。
  • 世帯主本人が自署の場合は押印不要です。それ以外は押印が必要です(スタンプ印不可)。
  • 申請書を受付後に、神戸市行政事務センターから内容確認のため電話で問い合わせをする場合があります。申請される方の電話番号(平日の日中に連絡が取れる電話番号)を必ず記入してください。
  • 書類の不備等がある場合は書類一式を返送することがあります。記入漏れや不足書類がないか十分にご確認のうえ郵送してください。
  • 申請書の記入方法ほかご不明な点があれば、下記問い合わせ先までご連絡ください。

3.郵送による提出

(1)必要なもの

A)出産育児一時金支給申請書(世帯主本人が自署の場合は押印不要。それ以外は押印要(スタンプ印不可))

B)母子手帳(出生届出済証明欄)または出生届のコピー

C)医療機関等が発行した領収書または明細書(原本)(産科医療補償制度に加入している医療機関等で出産された場合は、産科医療補償制度加入機関の印が入ったもの)

D)医療機関等から交付された直接支払制度に関する合意文書または直接支払制度を利用していないことを証する書類のコピー

E)保険証のコピー(出産した方のもの)

F)振込先の預金通帳等のコピー(世帯主名義の金融機関名・店名・口座番号がわかるもの。世帯主名義以外の口座に振り込みを希望される場合は「委任状」が必要です。委任状を提出される場合は、世帯主の本人確認書類(○区役所等に来庁して申請をする場合(3)代理人が来庁するときに記載のAまたはB)を同封してください。)

委任状(世帯主名義以外の口座振込用)(PDF:55KB)

委任状記載例(世帯主名義以外の口座振込用)(PDF:80KB)

こども医療費助成制度の申請手続き

(2)送付先

〒650-0032

神戸市中央区伊藤町111番地 神戸商工中金ビル4階

神戸市行政事務センター 国民健康保険係 「出産育児一時金」担当行

封筒の宛名としてご利用ください(PDF:104KB)

4.支給決定手続

  • 郵送の場合、申請書が区役所に到着した日を申請のあった日として判断します。
  • 郵送による提出物(上記3(1))が神戸市行政事務センターに到着しましたら、住民登録をしている区役所・支所に書類を送付し、区役所・支所で審査及び支給決定を行います。審査の結果、不支給になる場合があります。
  • 申請から支給まで2~3週間ほどかかります。

5.出産育児一時金支給

  • 申請書に記入された口座へ振り込みます。
  • 支給決定通知書をお送りして、支給金額等をお知らせします。

注意事項

保険料の未納がある場合について

  • 未納保険料がある方は、郵送申請をすることができません。住民登録をしている区役所・支所の国保の窓口へ来庁のうえ手続きを行ってください。
  • 申請前に未納保険料を納付していただきます。納付書がお手元に無いときは、住民登録をしている区役所等の国民健康保険担当までお問い合わせください。
  • 納保険料がある方が区役所等に来庁して申請していただく際に、出産育児一時金の全部または一部を未納保険料に充当するために、受領委任状(用紙は住民登録をしている区役所・支所の国保の窓口でお渡しします)を提出してください。

区役所等の住所・電話番号

区役所等に来庁して申請をする場合

  • 海外の医療機関等で出産した場合の出産育児一時金の申請手続きは、住民登録をしている区役所・支所の国保の窓口に来庁のうえ手続きをしてください。この場合の必要書類は、住民登録をしている区役所・支所の国保の窓口へお問い合わせください。

(1)必要なもの

A)出産育児一時金支給申請書(世帯主本人が自署の場合は押印不要。それ以外は押印要(スタンプ印不可))

出産育児一時金支給申請書の用紙は住民登録をしている区役所・支所の国保の窓口でもお渡しします。

B)国民健康保険資格取得届(出生児が国保に加入される場合のみ。住民登録をしている区役所・支所の国保の窓口で用紙を交付し、記入していただきます)

C)保険証(出産された方のもの)

D)母子手帳(出生届出済証明を受けたもの)または出生届(死産・流産の場合は医師の証明書)

E)医療機関等から交付された直接支払制度に関する合意文書または直接支払制度を利用していないことを証する書類

F)医療機関等が発行した領収・明細書(原本)(産科医療補償制度に登録した医療機関で出産した場合は産科医療補償制度加入機関の印が入ったもの)

G)振込先の預金通帳等(金融機関・口座番号がわかるもの。世帯主名義)

(2)申請先

住民登録をしている区役所(北須磨地域に住民登録をしている方は北須磨支所)の国民健康保険担当

受付日時:平日8時45分から17時15分まで

(3)代理人が来庁するとき

  • 同一世帯の国保未加入者(世帯主・世帯主の配偶者を除く)や別世帯の代理人等が申請される場合は、委任状及び世帯主と代理人の本人確認書類(aまたはb)が必要です。
    委任状(PDF:81KB)
  • a:次の中から1つ
    兵庫県国民健康保険証(神戸市の国民健康保険加入者に限る)、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、在留カード、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳(顔写真付き)、療育手帳、運転経歴証明書、その他官公署の発行する顔写真付きの証明書
  • b:次の中から2つ
    健康保険証、後期高齢者医療被保険者証、年金手帳、その他公的機関が発行する書類で氏名、生年月日又は住所が確認できるもの
【注意】不可のもの

住民票、印鑑証明書、戸籍謄本、所得証明書等、個人番号通知書・マイナンバー通知カード、氏名がフリガナのみ、生年月日が一部不明(敬老優待乗車証等)、住所が一部不明、発行者の証明印がなく氏名を自署するもの(母子健康手帳等)

  • 世帯主の死亡により相続人が申請し、相続人名義の振込口座を指定する場合は、確約書及び相続証明書類(戸籍謄抄本等)の提出が必要です。

確約書(PDF:108KB)

問い合わせ先

神戸市行政事務センター コールセンター 電話:078-291-5952
受付日時:平日8時45分から17時30分まで(祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局国保年金医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階