現在位置

ホーム > くらし・手続き > 年金・保険 > 国民健康保険 > 交通事故などにあったら(第三者行為)

更新日:2021年11月26日

交通事故などにあったら(第三者行為)

ここから本文です。

神戸市国民健康保険証を使って医療を受けた場合は必ず届出をしてください

交通事故や傷害事件などのように加害者(※)から受けたケガなどは、加害者が被害者の治療費をお支払いいただくことになっております。神戸市の国民健康保険証を使って治療を受けた場合は、「第三者行為による傷病届」などの届出が必要ですので、できる限り早くお住まいの区役所または支所・出張所へ届け出てください。郵送でも受け付けています。
※加害者のことを「第三者」と呼んでいます。

【治療費総額10,000円、過失割合(被害者:加害者=30%:70%)の場合】
第三者相関図

神戸市の国民健康保険証を使って治療を受けたときは、加害者が支払うべき治療費を、神戸市が代わりに医療機関にお支払いしていることになります。後日、神戸市から加害者に治療費を請求することになっています。

提出いただく書類

提出いただく書類は、下記よりダウンロードできます。
1.すべての方に提出いただく書類
⇒ア~エ
2.交通事故証明書が「物件事故」の場合、または入手できない場合
⇒オ
3.神戸市福祉医療費助成(高齢期移行者・こども・重度障害者(高齢重度障害者)・ひとり親家庭等)
を受けている方
⇒カ

傷病届(EXCEL:106KB)
事故発生状況報告書(EXCEL:40KB)
同意書(EXCEL:23KB)
誓約書(WORD:31KB)
人身事故証明書入手不能理由書(EXCEL:41KB)
福祉の同意書(WORD:39KB)

示談は慎重に行ってください

示談とは、「当事者同士が話し合って解決すること」です。
被害者と加害者の話し合いにより、損害賠償金額などを決めてしまうと、その内容が優先されるため、神戸市国民健康保険が代わりに支払った治療費を加害者に請求できなくなる場合があります。話し合いをする前に必ず「第三者行為による傷病届」などの届出をお願いいたします。

療養費支給申請書を提出する場合

加害者から受けたケガなどにより、緊急のため保険証を持参せずに医療機関で治療を受け、医療費の全額を支払った場合や、補装具を作成した場合は、『療養費支給申請書』をお住まいの区役所に提出することになります。
その際、申請書の「業務上・業務外、第三者行為の有無」欄の「2.第三者行為」に〇をして提出してください。
(例)療養費支給申請書(PDF:281KB)
療養費支給申請に関するページ←こちらをクリックください

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局国保年金医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階