現在位置

ホーム > 区役所 > 西区 > 区の紹介 > 西区この人 > ・<vol.7>アカペラグループ「チキンガーリックステーキ」  前澤 弘明(まえさわ こうめい)さん

最終更新日:2022年5月30日

・<vol.7>アカペラグループ「チキンガーリックステーキ」  前澤 弘明(まえさわ こうめい)さん

ここから本文です。

前澤さん2
-西区との縁について

 プロになる前は神戸市立高校の国語の教師をしており、スタートは神戸西高(現:須磨翔風高)でした。その後西区民にもなりましたので、西区在勤在住36年になります。

-神戸ワインPR大使について
 
2021年10月に、チキンガーリックステーキが神戸ワインPR大使として任命されました。その活動の一環として、ワイン用のブドウの収穫体験を昨年秋にさせていただきました。そのブドウがとてもおいしくて、おいしいワインができるのにも納得しました。さらに今年は、一般の方とブドウの栽培から収穫、さらには、自分たちで育てたブドウでワインを作る企画もあります。
メンバー2

-アカペラの魅力は?
 
人間の耳って、人間の声を一番聞き分けられるようにできていると思うんですよ。
 そういう点で言うと、声だけで作る音楽というのは、それだけ繊細なニュアンスというのが心の奥深くまで伝わっていくという点が魅力なんじゃないかなと思いますね。

-西区の魅力は?
 
コロナ禍で活動が停止して、ステイホームになったときに、西区のいろんなところを走ったんですよ。自分の足と体で感じた西区の魅力ですが、櫨谷川や伊川とか、川沿いには田園風景があって、畑もあって、牧場もあって、都市部にはない農業の魅力というのがあるなと。本当においしいもの、いいものが近くで作られていると思いますし、太山寺など神社仏閣もたくさんあるというのは、昔からの豊かな、穏やかな土地柄であるからこそだと思うので、本当にすばらしいところだなと思っています。

-これからの西区に期待するものは
 
「西神中央ホール」が新しくもうすぐ完成します。豊かな土地柄を背景に、文化的にもこれからどんどん発信ができる拠点ができたと考えています。チキンガーリックステーキとしても、ぜひコンサートをしたいなと思います。
 魅力あるまちづくりという点で言うと、生活の中に潤いがあるということはすごく重要なこと。西図書館も拡充されると聞いています。幅広い層が、自分が楽しむ、そして自分を発信する、ホールというのは非常に重要な市民参加の場になると思います。そんな場所ができた、次はそれを利用する僕たち西区民が、どんどん自ら主役となってやっていければいいなと思っています。私もその一人として、西区の文化の発展に少しでも貢献できればうれしく思います。
 

まえさわ こうめい
 
1990年に日本初の、楽器を一切使わない人の声だけで表現するアカペラグループ「チキンガーリックステーキ」を結成。2021年より「さだ企画」に所属しメジャーデビュー。多彩なレパートリー、またユーモアたっぷりのステージはファンを魅了する。
 神戸まつり、神戸市主催の「新成人お祝いの会」の多数の出演をはじめ、2018年には神戸マラソンフレンドシップランナー、2021年には神戸ワインPR大使就任と、神戸市との関りも深い。
 チキンガーリックステーキ オフィシャルホームページ  cgs.jp

ライブ2

読者プレゼント 提供:神戸ワイナリー
 チキンガーリックステーキオリジナルワイン(神戸ワインテーマソング「ワインで乾杯」CDつき)を、抽選で3名の方にプレゼントします。
 応募ページ(外部リンク)からご応募ください。(7月15日(金)締切)
ワイン
 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

西区総務部まちづくり課 

〒651-2295 神戸市西区糀台5-4-1