ホーム > 区役所 > 西区 > 区の紹介 > 西区この人 > <vol.6>プロゴルファー 小鯛 竜也(こだい たつや)さん

<vol.6>プロゴルファー 小鯛 竜也(こだい たつや)さん

最終更新日:2023年1月19日

ここから本文です。

kodai
  • ゴルフを始められたきっかけは?

5歳からはじめました。体育教師でゴルフ好きの父が自宅に作ってくれた練習場で練習していました。
物心ついたころにはクラブを握っていたという感じです。

  • 「ゴルフって深いな」って思う時はどんな時ですか?

ゴルフは自然を相手にするスポーツです。天気、風向き、芝の状態など、コンディションはその時によって変わるので、同じ条件下で同じショットを打てることはありません。それゆえそんな中で自分にとってのベストなゴルフを追求していくのがおもしろく、奥が深いところだと思います。

  • 過去の試合の中で一番印象に残っているのは?(一番緊張したのは?)

優勝争いをしている時ももちろん緊張しましたが、特に今年は激しいシード権(賞金ランキング年間65位以内)争いをしましたので、優勝争いとはまた違った緊張が感ありました。

  • 神戸にどんな印象をお持ちでしょうか?

出身は大阪府(阪南市)ですが、神戸は海も山もあり大阪と似ているところがあり、かつ食べ物も非常においしいので、とても気に入っています。

  • 社会貢献活動(児童虐待防止)に関心を持つきっかけをお聞かせください。

ゴルフ界もコロナ禍に巻き込まれ、一昨年は年間5試合しか開催されませんでした。
日々の環境が変化する中で、何もできない自分に歯がゆさを感じていました。
試合がないため、家にいる時間が増え、自分の子どもと接する時間が長くなる中、子どもに関する悲しいニュースがあまりにも多いことに気づき、なぜそんなことが起きるのかという強い思いがありました。
そんな思いから、試合でのバーディーの数に応じて、お菓子を福祉施設に届けるという活動をしています。

  • プロを目指すジュニアの皆さんへエールを送ってください

私はゴルフアカデミーを主宰しています。プロを目指す子はたくさんいますが、その中でプロになれるのはほんの一握りです。プロの道がダメだった場合どうするかがとても大事です。だからと言って、ゴルフが好きな子供たちが、ゴルフを続けられる環境を整えること、私はそれに加え、勉強にも力を入れさせています。

  • 今後の抱負、西区民のみなさんへメッセージをお願いします。

神戸は日本のゴルフ発祥の地であり、ゴルフ場がたくさんあります。ゴルフ人口が増えれば地域の活性化につながると考えています。私もトーナメントで結果を出して、神戸のみなさんにいい報告ができるようがんばりたいと思います。

こだいたつや
1990年2月1日生まれプロ転向2007年
大阪府阪南市出身神戸市在住
ツアー勝利
マイナビABCチャンピオンシップ(2017年)

プロゴルファーのかたわら、社会貢献活動にも積極的に取り組み、シーズンのバーディー数に応じ、大阪の銘菓「月化粧」を全国の児童養護施設などに寄贈する「BFS(バーディーフォーサムワン)プロジェクト」を立ち上げた。

od

 

お問い合わせ先

西区総務部まちづくり課