現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 相談・窓口・施設 > 療育センター

更新日:2019年10月31日

療育センター

ここから本文です。

 神戸市では、身近な地域で子どもの障害や発達の特性に応じた支援を行うため、「療育体制の再構築」として市内3ヶ所に療育センターを整備し、障害児支援の充実に取り組んでいます。
これら3つの療育センターがそれぞれ関係機関とも連携しながら、子どもの障害の早期発見・早期療育の実現を目指します。

◆各療育センターには、発達が気になるお子さんの診察や訓練を行う「診療所」、通園による療育や親子教室等を行う「児童発達支援センター」、お子さんの障害に関する相談対応や障害児支援利用計画の作成を行う「相談支援事業所」の機能があります。
◆ご利用を希望される場合は、下表の対象地域をご確認のうえ、各療育センターへお電話でご相談ください。

施設概要

名称・所在地

TEL・FAX

対象区域

神戸市総合療育センター

〒653-0875
神戸市長田区丸山町
2丁目3番50号
代表(診療所等を含む)
まるやま学園

〇知的・発達障害児クラス

〇肢体不自由児クラス

〇難聴児クラス

あけぼの学園

共通
TEL 078-646-5291

TEL 078-646-5293
TEL 078-646-5294
TEL 078-646-5297
TEL 078-646-5295
FAX 078-646-5289
神戸市内全域
(※)
神戸市東部療育センター

〒658-0015
神戸市東灘区本山南町
8丁目3番4号
診療所
ひまわり学園
相談支援事業所
共通
TEL 078-451-7550
TEL 078-451-7551
TEL 078-451-7552
FAX 078-451-7556
東灘区・灘区
神戸市西部療育センター

〒655-0016
神戸市垂水区高丸
8丁目11番14号
診療所
のばら学園
相談支援事業所
共通
TEL 078-708-0572
TEL 078-708-0575
TEL 078-708-0573
FAX 078-708-0576
垂水区・西区

※東部・西部療育センターに同機能がある場合は、中央区・兵庫区・北区・長田区・須磨区が対象。

診療所

 療育センター診療所では、主に小学校低学年までの知的・発達障害児、18歳未満の肢体不自由児及び小学校就学前の難聴児(*)を対象に、子どもの障害に応じた専門的な医療を提供します。
*難聴児の診療は総合療育センターのみ
診察・セラピー(障害児リハビリテーション)を希望される方は、各療育センター診療所までご相談ください。

◆医療機関よりご紹介いただく場合は、診療情報提供書をご家族にお渡しください。

【診療科目】

  • 総合療育センター:小児神経科・小児整形外科・耳鼻咽喉科・精神神経科
  • 東部・西部療育センター:小児科・小児整形外科

診察予定

【セラピー(障害児リハビリテーション)】

  • 理学療法(PT)

 理学療法士が、運動発達の促し、日常生活動作の改善・助言をします。また、装具や用具の相談・作成アドバイスなどを行っています。

  • 作業療法(OT)

 作業療法士が、日常の活動や動作が行えるよう、援助・助言をします。また、遊具等を用いて必要な感覚刺激を与える感覚統合療法なども行います。

  • 言語聴覚療法(ST)

 言語聴覚士が、聴こえや言葉の発達に必要な援助や、食べることへの援助などを行います。

  • 自閉症児自立支援プログラム

 自閉症スペクトラム等の特徴をもつ子どもやその保護者に対して、言語聴覚士等が専門的な支援を行います。

児童発達支援センター

 児童発達支援センターは、児童福祉法に基づき、障害のある子どもに「日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練(同法第6条の2の2第2項)」等を行う障害児通所支援事業所であり、同法第43条が規定する児童福祉施設です。
 児童発達支援センターを利用するには、対象となる子どもの保護者が障害児通所支援の給付申請を行い、支給決定・受給者証の発行を受ける必要があり、その後、保護者と児童発達支援センターが利用契約を結びます。
 各児童発達支援センターにおいては、障害児相談支援事業所等が作成した障害児支援利用計画に沿って、一人ひとりの子どものアセスメントを行い、個別支援計画を作成して、これに基づく支援を行います。

自己評価結果のページ

【まるやま学園・ひまわり学園・のばら学園(未就学児対象)】
 まるやま学園(総合療育センター)、ひまわり学園(東部療育センター)、のばら学園(西部療育センター)では、小学校入学前の子どもを対象に、通園による集団生活を通じて、自主的に生活する力や基本的な生活習慣・社会性を身につけられるように支援しています。
 また、各センターにおいて通園バスによる園児の送迎を行っています。

定員・設置クラス・対象年齢(○のあるクラスを設置)
クラス 対象年齢 通園 形式 まるやま学園 ひまわり学園 のばら学園

知的・発達障害児クラス

概ね3歳児

~5歳児

単独通園
肢体不自由児クラス 0歳児~5歳児 親子通園
難聴児クラス 0歳児~5歳児 親子通園 - -
定員 92名 42名 72名

「まるやま学園・ひまわり学園・のばら学園での支援内容」のページ

【あけぼの学園】
あけぼの学園(定員40名)は、児童福祉法に基づく児童発達支援及び放課後等デイサービス(同法第6条の2の2第4項)を行う事業所であり、中学校を卒業した15歳~18歳の知的・発達障害児を対象に、主に作業訓練や生活訓練を通じて将来の自立や社会参加に向けた支援をしています。

「あけぼの学園での支援内容」のページ

障害児相談支援事業所

各療育センターでは、児童福祉法に基づく指定障害児相談支援事業所として、主に療育センター内の児童発達支援センターを利用する子どもの障害児支援利用計画を作成するほか、身近な地域の相談窓口として、子どもの発達相談や子育て相談に応じています。

障害児等療育支援事業(地域支援事業)

障害児等療育支援事業とは、障害児等の地域における生活を支えるために、自治体等が無償で療育指導や療育相談等を行うこととされているものであり、総合療育センターでは「グループ療育」を、まるやま学園・ひまわり学園・のばら学園では「親子教室」を実施しています。

視覚障害児支援教室

総合療育センターにおいては、弱視や全盲その他視覚に障害のある小学校就学前の乳幼児と保護者に対して、専門の相談員等が、子どもの見えにくさに応じた発達相談や、視覚機能の発達を促すための支援を行うために、通所による支援教室を実施しています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局こども育成部家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階