ホーム > 子育て > 相談・窓口・施設 > 療育センター > 児童発達支援センター

児童発達支援センター

最終更新日:2023年9月21日

ここから本文です。

児童発達支援センターは、児童福祉法に基づき、療育が必要な子どもに対し、日常生活での基本動作や集団生活への適応訓練、知識技能の付与などを行う通園施設です。
療育センターでは、主に未就学児を対象とした児童発達支援センターを運営しており、児童発達支援事業の他、保育所等訪問支援事業を実施しています。

まるやま学園・ひまわり学園・のばら学園

まるやま学園(総合療育センター)、ひまわり学園(東部療育センター)、のばら学園(西部療育センター)では、小学校入学前の子どもを対象に、通園による集団生活を通じて、自主的に生活する力や基本的な生活習慣・社会性を身につけられるように支援しています。また、各センターにおいて通園バスによる園児の送迎を行っています。

詳しくは、各学園までお問合せください。

「まるやま学園・ひまわり学園・のばら学園での支援内容」のページ

あけぼの学園

あけぼの学園(利用定員40名)は、児童福祉法に基づく児童発達支援及び放課後等デイサービスを行う事業所です。中学校を卒業した15歳~18歳の知的・発達障害児を対象に、主に作業訓練や生活訓練を通じて将来の自立や社会参加に向けた支援をしています。

詳しくは、あけぼの学園までお問い合わせ下さい。

事業所自己評価の公表

児童発達支援や放課後等デイサービスを運営する事業所は、自己評価の結果と改善内容を公表することが義務づけられています。神戸市が設置する児童発達支援センターの自己評価結果を公開しています。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

こども家庭局家庭支援課