職種紹介

Work Information

農業

神戸の農漁業を振興するとともに、食ビジネスを育て活かし、農水産物のブランド化へ。農漁業や農村地域の魅力を発信。

農業の仕事

神戸ビーフをはじめ、ホウレンソウ、キャベツなどの野菜、米、新鉄砲ゆり、イカナゴなどの農水産物の生産振興を図るとともに、食を軸とした新たな都市戦略「食都神戸」の推進や、豊かな自然環境の保全と農村環境の整備などを進め、農村地域へ新たな人を呼び込み、移住・定住につなげる「神戸・里山暮らし」などが主な仕事です。

ピックアップ事業
「食都神戸」の推進

神戸市が新しい食文化の発信地として、
世界の人々が集い食で賑わう街になることを目指します

県下有数の農漁業地域であり、様々な農水産物が生産されているとともに、食にこだわりのある消費者が多く、全国でもトップレベルの飲食店が集まっています。この神戸の持つポテンシャルを活用し、①ファーマーズマーケットの開催など地産地消のライフスタイル化をすすめるローカルプログラム、②農水産物をはじめとした「神戸の食」を世界に発信するグローバルプログラムにより、神戸の食ビジネスを育て、食ビジネスを活かし、食を軸とした新たな都市戦略として世界に誇る食文化の都「食都神戸」を推進しています。

農漁業者と消費者の交流の場として開催したファーマーズマーケット/香港Food Expo出展の様子

ピックアップ事業
神戸・里山暮らしの推進

都市部と農村地域がとても近い神戸市の特徴を活かして
里山の魅力を発信し、神戸市全体の活性化を図ります。

都市部と農村地域がとても近い神戸市の特徴を活かし、現在、農村地域への一時的な訪問・交流をきっかけとして、移住・定住や起業に繋がる施策を実施しています。農村に暮らしながら都心部の便利さも享受する、神戸ならではの“里山暮らし”の実現を図る事業を推進し、地域の活性化に取り組んでいます。
さらに、農業の担い手を育成する支援制度も実施。若い就農者を増やすことで新たな神戸の活力となる、将来へと繋がる農政に取り組んでいます。

神戸市の農村風景/農村地域における空家の活用事例

神戸市は兵庫県内でも有数の農産物の産地です。
農業のこと、生息する生き物のこと、多くの人にその魅力を伝えたい。

Check! Person

経済観光局農政部
北農業振興センター

平成27年度入庁【大学卒・農業】

※内容は平成29年度時点

中尾 浩平なかお こうへい

「農業を中心とした里づくり」が仕事です。神戸市では、農村部の整備の取り組みを「里づくり」と称しています。特産品づくりや農業体験イベントなどのほか、歴史的な建築物の活用や希少生物の保全活動など、「農業」という名前から想像される業務以外も含めた幅広い「里づくり」をしています。異動で西区から北区へ担当が変わったのですが、作られている作物や気候などあらゆる条件が異なっています。西区で学んだことを活かしつつ、新たなフィールドである北区について勉強する毎日です。

1日のスケジュール

8:30 出勤、メールチェック・スケジュールチェック、8:45 補助事業書類作成・関係機関との打ち合わせ等、12:00 昼食、13:00 補助事業書類作成・関係機関との打ち合わせ等、17:30 片づけ・退庁、18:00 退庁
  • 仕事をしながら覚える。それが唯一にして最短の方法。 | 仕事の進め方としては、農家さんとマンツーマンで行うこともあれば、農業協同組合や県や他部局と合同で行うこともあり様々です。定例的な事務が少なく、幅広い業務に取り組んでいます。神戸市内でも集落が変われば農業のスタイルも異なり、前提となる知識も異なります。仕事をしながら覚えていくのが唯一にして最短の方法です。

  • 神戸市で就農する人が現れてくれることを願って。 | 農業体験イベントでは、今まで農業とは縁がなかった都会に住んでいる方が多く参加されます。志望動機だった「今まで神戸の農業を知らなかった人に、神戸の農業を知ってもらう」ことに繋がる面を実感し、やりがいを感じています。参加された人の中から神戸市で就農する人が現れてくれることを願っています。

  • 農村部の姿を多くの人に知ってもらうために | 農業以外の農村部の姿も知って欲しいという思いが強いです。農業の営みによって農村部に生息してきた生き物について多くの人に知ってもらうために、自分の持つ生き物の知識を農業体験イベントで生かしたいと思っています。「誰にでもできること」ではなく、「自分にしかできないこと」を目指していきたいです。