職種紹介

Work Information

総合科学

獣医・畜産・水産・生命科学・薬学

食、住環境、動物、医薬品、環境保全、農水畜などフィールドは多彩。

獣医・畜産・水産・生命科学・薬学の仕事

店舗や工場の立入調査・指導、食品や水質の検査、医療産業に関する業務、環境保全に関する調査・企画、食肉衛生検査、動物園での飼育管理・調査研究、農水畜産行政など、多様な職域のなかで、それぞれが持つ専門性や能力、適性を活かし幅広い業務に従事します。

ピックアップ事業
食の安全・安心を守る~食品衛生~

「食の都市」として全国的にも有名で飲食店が多い
神戸市だからこそ、食の安全を守る活動が大切です。

食の安全・安心の確保に向け、大量調理施設への食中毒予防対策や輸入食品を取り扱う営業者、広域流通・大規模食品製造施設や市内観光施設などへの監視指導・検査を行っています。また、食中毒は身近な暮らしの中でも起こるため、市民に向けて情報提供し、食の安全・安心に対する不安の解消と、正しい知識の普及に努めています。

食品工場などへの立ち入り検査

ピックアップ事業
「人と動物が共生できる社会」を目指して

人のくらしと動物の命。どちらも大切にしながら、人と動物が共生できる社会づくりのため、様々な取り組みを進めています。

市に引き取られる飼えなくなった犬や飼い主のいない猫たち。一頭でも多くの動物が新しい居場所を見つけられるよう、ボランティアや関係団体等とも協力し、ふるさと納税も活用して新しい飼い主探しや「神戸市人と猫との共生推進協議会」が実施する野良猫の繁殖制限事業の支援、地域猫活動の普及啓発等に取り組んでいます。また、犬猫の飼い方マナーの啓発、動物取扱業者に対する立ち入り調査や指導等、様々な業務に取り組んでいます。

保護された子猫へのミルクボランティア

ピックアップ事業
銭湯の賑わいを取り戻そう(公衆浴場活性化事業)

手足を伸ばしてゆっくり入浴。心も体もさっぱり。
衛生的で賑わいのある銭湯を支援する取り組みを行っています。

旅館・ホテルや理容所・美容所等、多くの市民が利用する施設に対しては、衛生管理についての指導・助言を行っています。その内、近年、施設数が減っている公衆浴場については、市民の衛生確保のために必要な施設であり、地域のにぎわいを担う施設でもあることから、衛生指導だけではなく、設備改修助成やスタンプラリーの実施による利用促進の取り組み等、活性化のための支援を行っています。

神戸市浴場組合連合会と協定締結

食の安全・安心を守る食品衛生監視員として、
「食の都市」神戸のまちを衛生面から支えています。

Check! Person

保健福祉局保健所
西衛生監視事務所

平成28年度入庁【大学卒・獣医】

※内容は平成29年度時点

山田 彩容子やまだ さよこ

学生時代、獣医学科で学ぶなかで食の安全を守る食品衛生監視員の仕事を知り、生まれ育った神戸のまちを衛生面から支えたいと思い、神戸市職員を志望しました。現在は、食品衛生監視員として食品製造施設や飲食店、輸入食品を取り扱う事業者などへの監視指導を始め、食品や水などの検査のための検体採取、市民からの食に関する相談受付を行っています。施設の監視指導や検体採取などの外勤は係内の二人一組で動くことが多いです。

1日のスケジュール

8:30 出勤、始業準備・メールチェック等、8:45 朝礼、9:00 内勤:報告書作成、電話対応・外勤:苦情や食中毒の関連施設調査・検査品(食品や水等)の採取、12:00 昼食、13:00 内勤:報告書作成、電話対応・外勤:食中毒予防の店まわり・検査品の搬入、17:30 退庁
  • 手応えを感じるのは、姿勢の変化が見られた時。 | 食中毒調査や営業者・従業員への助言や指導を行っていくうちに、従業員自らが改善方法を考えるなど、積極的な方向へ姿勢の変化が見られた時は手応えを感じます。衛生監視員はこういった監視指導をはじめ、検査や調査、行政処分に関わるなど業務の幅が広いため、様々な業務を担うことができるように日々精進したいです。

  • 相談される方に寄り添って、不安な気持ちの理解に努めたい。 | 市民からの食に関する相談受付も私たちの重要な仕事です。食の安全は健康に直結するため、不安な気持ちを持って相談される方が多いので、まずは市民の気持ちに寄り添って話を聞くことを心がけ、その方の気持ちを理解することを大切にしています。その後に正しい知識をお伝えしていければと思っています。

  • 興味がある仕事は先輩に同行。成長する機会がたくさんあります。 | 若手職員も意見を言いやすい職場で、興味がある仕事は先輩職員に同行させてもらえるので成長の機会がたくさんあります。先輩職員と一緒に仕事をする機会を通して、先輩の豊富な知識と経験に基づいた対応を吸収していきたいです。また、神戸市は大きな組織なので同期が多く、相談にのってくれる頼もしい仲間にも出会えました。