主要プロジェクト紹介

Major Project Information

デザイン都市・神戸

まち・くらし・ものづくりを
新たな視点でデザインする。

神戸市は、明治時代から多様な文化を採り入れ、街並み、ファッション、洋菓子など、デザインとは縁の深いまちづくりを進めてきました。しかし、社会経済情勢が変化する中、国内外の各都市も、創造都市(クリエイティブシティ)の考え方に基づくまちづくりに取り組み始めています。神戸市においても、これまでの“神戸らしさ”に「デザイン」の視点で“神戸らしさ”にさらに磨きをかける都市戦略を推進しています。

「デザイン」による、選ばれる創造都市であるための都市戦略

「くらしを豊かにする」デザイン・「個性と魅力を活かす」デザイン・「経済を活性化させる」デザイン・「創造力を高める」デザイン・「心を育み次世代につなぐ」デザイン

これら5つの視点で、ひと・もの・まちを結びつけ、「“神戸らしさ”を見つめなおして磨きをかける」ことを基本理念とします。

まちのデザイン

地域の個性を活かした魅力ある空間の形成を図り、にぎわいと楽しさにあふれ、市民がやすらぎやここちよさを感じられるまちをめざします。

歴史的建築物のKIITO(旧神戸生糸検査所)(C)Shunsuke Ito

【具体的な取り組み】

■開港以降に建てられた「神戸らしさ」を象徴する歴史的建築物の保存活用。
■神戸らしい眺望景観50選、10選を選定。ビューポイントを楽しんでもらえるようビューポイントサインを設置。

(その他の主な取り組み)
・公共的施設におけるデザイン性の重視
・まちなかにおける緑とのふれあいづくり
・海にふれ、海辺を体験できる水際の魅力アップ

くらしのデザイン

市民がすぐれたデザインに出会い、創造性を育むことにより、多様なライフスタイルを尊重し、地域に愛着を感じ、いきいきと暮らせるまちをめざします。

神戸のまちで出た廃材を使い、新しいものを創り出す
こどもSOZOプロジェクト

【具体的な取り組み】

■震災関連を含むさまざまな社会課題をデザインの視点で解決するプロジェクト“issue +design”
■こどもを対象に創造力・想像力を育むワークショップを開催する“こどもSOZOプロジェクト”
■デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の運営

(その他の主な取り組み)
・「神戸発」ファッションのさらなる情報発信
・情報やサービスを提供する際のやさしさ、わかりやすさへの配慮
・ユニバーサルデザインの推進

ものづくりのデザイン

すぐれたデザインによる付加価値の高いものづくりを応援することにより、新たなマーケットを創造する元気な産業のまちをめざします。

ものづくり企業や若手デザイナーを対象にした、KOBEデザイン塾

【具体的な取り組み】

■中小企業を対象としたデザイン活用の演習・講座
■専門アドバイザーに相談ができるKOBEデザイン相談会

(その他の主な取り組み)
・次世代コンピュータを用いたものづくりの開発支援
・市内農産物のさらなるブランド力の強化
・デザインフォーラムの開催や表彰制度の創設

データやICTでまちをデザイン

市民・事業者との協働と参画により産学官連携のコミュニティを形成しながら、神戸市のオープンデータを活用して地域課題を解決するオープンガバメント社会の構築や、ICTを活用した新たな市民サービス・ビジネスの創出を目指します。

バルセロナ市との連携ワークショップ(1st stage in Barcelona)

【具体的な取り組み】

■オープンデータ活用の環境整備(オープンデータカタログサイト・イベントサイトの構築・運用など)
■データを活用できる人材育成(データアカデミー、バルセロナ市との連携ワークショップの実施など)
■市民協働・産学官連携(神戸市ドコモ見守りサービス、株式会社アシックスとの協働によるICT×スポーツを組み合わせた実証実験など)

(その他の主な取り組み)
・地元ICT企業との交流・支援・地域貢献事業の実施
・スマートフォンの活用や適正利用に関する啓発活動

神戸。だから面白い!

デザインといっても特別なものではなく、市民も身近に感じ、楽しめるデザインのこと。おしゃれで、機能的で、気持ちが豊かになるようなデザインがあふれる生活は、神戸が昔から大切にしてきた視点。それをさらに進化させる刺激的な仕事です。

データを活用できる人材を育成し、
データやICTで神戸のまちをデザイン!

Check! Person

企画調整局
政策企画部産学連携課

平成24年度入庁
【大学卒・一般行政】

※内容は平成29年度時点

服部 健志はっとり たけし

神戸市では、ビッグデータやICTを活用した新しい市民サービスやイノベーションを創出する取り組みを行っています。私の主な役割は、地域課題の解決やまちのにぎわいづくりに貢献するため、企業や大学など様々な団体の方と協力・連携して、ICTを活用した実証実験や新しい事業を企画し実施することです。また、データを活用できる人材育成にも力を入れています。職員向けの研修をはじめ、市民向けのワークショップを実施したり、スマホの適正利用を呼び掛けるフォーラムを開催したりしています。

1日のスケジュール

8:00 職員向け研修(データアカデミー)準備、8:45 朝礼ミーティング、8:55 職員向け研修(データアカデミー)運営、12:00 職員向け研修(データアカデミー)片付け、昼食、13:00 事業者とデータ活用に関する連携についての打合せ、14:00 メール対応、資料作成等、14:30 上司と新規事業の企画打合せ、15:00 広報課と市長会見に関する打合せ、15:45 メール対応・資料作成等、16:00 京都に向けて移動(電車)、17:00 大学関係者と新プロジェクトに関する打合せ、19:30 直帰
  • 企業や大学関係者の方々と接する機会が多く刺激をもらえます。| 人材育成ではIT企業と連携し、職員や市民を対象にデータ活用リテラシー向上を目的とした研修やワークショップを実施。さらに姉妹都市バルセロナと連携ワークショップを実施するなど幅広い分野やフィールドで事業を実施しています。IT企業や大学関係者、デザイナーなど多くの方と接する機会があり、多くの刺激がもらえます。

  • 見守りサービスやスポーツにICTを活用する実証実験に挑戦。| 企業や大学などと連携して、市民参加型の事業や実証実験の実施も担当しています。例えば株式会社NTTドコモと協定を結び、ICTを活用した見守りサービスの実証事業を実施。また、株式会社アシックスと連携してICTをスポーツに応用した実験を行うなど、様々な分野で事業を企画・実施しています。また、地元IT企業を支援する活動も行っています。

  • 様々な人と出会い、協力・連携してこれからも神戸の未来を支える仕事を。| 各事業内容の企画や準備にかかる調整・交渉、当日の運営などを進める中で感じるのは、仕事の内容も職場も前向きで、新しいことをどんどん取り入れようという雰囲気があることです。民間企業からの受け入れ人材もあり、刺激になります。今後も様々な人と出会い、協力・連携して神戸の未来を支えられるようなプロジェクトに参加したいと思います。