主要プロジェクト紹介

Major Project Information

都市プロモーション

“神戸で暮らしませんか?”
神戸の暮らしやすさを伝え、移住へと結びつける。

神戸市では、平成24年に総人口が減少に転じ、高齢化も急速に進んでいます。神戸市が、人口減少を克服し、これからもにぎわいのあるまちであり続けるためには、時代を担う若者に選ばれることが不可欠であり、主に若年層をターゲットとして、移住促進に向けた神戸の暮らしの魅力を伝える都市プロモーションに取り組んでいます。

神戸ならではの暮らしやすさを様々な手法で発信

神戸市は、政令市でありながらも都心の周辺に海・山・農地が広がるコンパクトな街。移住希望者に対し、この神戸の魅力を伝え、神戸の認知度を高めて移住へと結びつけるため、庁内の様々な部署と連携しながらプロジェクトを進めています。

写真

【事例1】都市プロモーションサイト

神戸に移住した方へのインタビュー記事や動画、生活エリアごとの特色を紹介したコラムなどを掲載した都市プロモーションサイト「KOBE live+work(神戸リブアンドワーク)」により、「暮らし」と「仕事」の面から “神戸での住まい方”を発信しています。SNSでの拡散も行い、市内外の多くの方に閲覧いただいています。
(URL: http://kobeliveandwork.org/
また、具体的に移住を考えている方に対して、神戸の魅力や優位性、生活を考える際に必要な情報をわかりやすく提供するポータルサイト「KOBE address」も公開し、更なる移住の促進を目指します。
(URL: https://kobeaddress.city.kobe.lg.jp

写真:KOBE live+work 神戸で暮らしませんか

【事例2】仕事と暮らしのプロモーション

神戸のライフスタイルの魅力に加え、神戸では「様々なビジネスや産業が盛り上がっている」「魅力的な企業がある」ことの認知拡大と神戸での就職・移住を目指すマッチングイベントやワーケーションプログラムを実施するなど、「神戸で働き、暮らす」魅力を伝える仕事をテーマとしたプロモーションに積極的に取り組んでいます。

写真:神戸市×Wantedly 2018/08/30(thu) 19:30-21:30 at 120 WORKPLACE KOBE 写真:フリーランスのクリエイター向け 神戸ワーケーションプログラム 写真

【事例3】東京でのプロモーション活動

神戸にゆかりのある東京圏の若年層をターゲットとした“KOBE Lab(神戸ラボ)”等を通じて、神戸の最新情報やトピックを伝え交流を行い、東京-神戸ネットワークの拡大を目指しています。
また、東京圏在住の移住希望者に対して神戸の暮らしやすさを伝え、東京圏における神戸の認知度向上を図るため、移住相談会の開催や、東京で開催される全国規模の移住相談フェアへの出展等を積極的に行っています。

写真 写真

神戸市の暮らしの魅力を発信する
都市プロモーションに取り組み移住を促進!

Check! Person

経済観光局経済部
経済政策課

平成25年度入庁
【大学卒・一般行政】

※内容は平成30年度時点

宮川 美咲みやがわ みさき

主に市外の若年層を対象として、移住を促進する都市プロモーションに取り組んでいます。
具体的には、神戸での暮らしの魅力を発信するWEBサイトの運営や「神戸で働き、暮らす」魅力を伝える仕事をテーマとしたプロモーション、東京でのプロモーション活動などです。事業のスキームの検討から事業者公募、事業者との連絡調整、事業実施に関わる一連の業務を担当しています。

1日のスケジュール

8:30出勤 メールチェック・今日の予定の確認、9:00 委託先事業者や関係課との打ち合わせ、12:00 昼食、13:00 移住相談の対応・情報収集、16:00 事業スキーム内部検討・資料作成など、17:30 退庁
  • 神戸に住みたい!そう思っていただくために。| 都市間競争の中で、移住先として神戸を選んでもらうための新しい事業や取り組みを生み出そうと試行錯誤をしながら進めています。庁内の様々な部署や事業者等に相談しながら、アイデアを出していきます。事業がカタチとなり、「神戸って良いところだね」「神戸に住みたい」といった声をいただくととても嬉しく、やりがいを感じます。

  • 事業を考える時に大切なのは、移住希望者の方の視点です。| 単に「魅力を伝えたい」という行政からの一方的なプロモーションではなく、移住を考えている方の立場に立ち、「どうすれば移住したいと思ってもらえるか」「どんな情報がほしいと思っているのか」といった視点で事業内容を考案し、届ける情報の内容を精査しながら、神戸の暮らしやすさを伝えられるよう心がけています。

  • 仕事と暮らし、両面からアプローチする新しい取り組みにもチャレンジ。| 神戸への移住を検討している方に対し、移住する上で障壁となってくる「仕事」に関して、働く場としての神戸の魅力を伝える取り組みにもチャレンジをしています。多少時間がかかっても、正確で丁寧な仕事をするように心がけ、移住を検討している方から信頼を得られるように仕事を積み重ねていきたいと思います。