広域連携

最終更新日:2022年1月5日

ここから本文です。

人口減少社会の進展及び行政ニーズの多様化に伴い、今後、更なる行政コストの増大が想定される中、限られた資源で行政サービスを維持、向上していくためには、広域連携を柔軟かつ積極的に進めていき、各自治体の資源を有効活用することが必要です。
神戸市の広域連携の取り組みを紹介します。

兵庫県との連携

兵庫県・神戸市調整会議(指定都市都道府県調整会議)

これまでも神戸市と兵庫県は協調に向けた取り組みを進めてきましたが、平成26年の地方自治法の改正を受け、平成28年から兵庫県・神戸市調整会議を開催しています。
神戸市及び兵庫県の協調により、施策効果を高めることができる分野について、今後の県市の大きな方向性を協議、確認することを目的に実施しています。

兵庫県・神戸市調整会議

市町との連携

神戸隣接市・町長懇話会

近隣の7市1町(芦屋市、西宮市、宝塚市、三田市、三木市、稲美町、明石市、淡路市)と一緒になって、図書館の相互利用やのびのびパスポート、職員研修の相互参加など、圏域全体で魅力あふれる地域づくりを進めていくための活動をしています。

圏域の魅力発信パンフレット「kobe and 8」(PDF:3,384KB)

宮崎県

平成26年の宮崎カーフェリー再就航を機に交流を進めてきた宮崎県と神戸市において、就航3周年の機会に、地域の活性化や市民サービスの充実につながる協働の取り組みをさらに推進するため、平成29年9月に「宮崎県と神戸市の連携・協力の取組に関する協定」を締結し、順次取り組みを進めています。

宮崎県HP(外部リンク)

三田市

大都市でありながら山・海・里山等多様な自然を有する神戸市と、豊かな自然に恵まれた田園文化都市である三田市が連携・協力し、里山等自然環境の保全と活用を進めて行くことを目的として、平成30年3月に、「神戸市と三田市の里山等自然環境の保全及び活用に係る連携・協力に関する協定」を締結し、順次取り組みを進めています。

三田市HP(外部リンク)

洲本市、南あわじ市、淡路市

豊かな自然や観光資源・農水産物を有する淡路島の3市と神戸市が連携・協力し、圏域のPR、相互の交流人口の増加、産業・観光資源の活用等を図り、食と自然と人のかけはしを目指して、令和元年10月に連携・協力に関する協定を締結し、順次取り組みを進めています。

洲本市HP(外部リンク)

南あわじ市HP(外部リンク)

淡路市HP(外部リンク)

佐用町

阪神淡路大震災や平成21年の豪雨災害の際に相互に支援を行うなど、これまでも区域を超えて交流を促進してきた佐用町と神戸市において、森林や農地の保全活用のノウハウの共有などを行うため、令和3年7月に「神戸市と佐用町の連携・協力に関する協定」を締結し、順次取り組みを進めています。

佐用町HP(外部リンク)

兵庫県内の市との連携

兵庫県市長会

兵庫県下の29市で構成される兵庫県市長会の一員として、他市との連携協調に努めています。

指定都市との連携

指定都市市長会

全国の指定都市20市で連携し、地方分権改革の推進や、「特別自治市制度」の法制化による多様な大都市制度の実現に向けて取り組んでいます。

指定都市市長会ホームページ(外部リンク)

関西での連携

関西広域連合

神戸市は平成24年8月より関西広域連合に加入しています。防災や産業、観光をはじめとする広域的取組みに積極的に参画し、神戸市民の安全・安心の確保、経済の向上に努めるとともに、関西全体の発展に寄与していきます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局企画調整課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階