現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 子育て支援・助成 > ひとり親家庭支援 > ひとり親家庭の交流の場となる拠点づくり事業について

更新日:2020年7月12日

ひとり親家庭の交流の場となる拠点づくり事業について

ここから本文です。

令和2年度ひとり親家庭の交流の場となる拠点づくり事業補助金の交付について(令和2年度の募集は終了しました)

市では、ひとり親家庭の皆さまの地域生活をサポートするため、生活・就労・経済的支援・養育費確保支援等幅広い施策展開を行っています。

令和2年度からは、ひとり親家庭の親子が安心して集える交流の場となる拠点を増やすための取り組みとして、下記の事業を実施する団体に対して、補助金を交付します。

令和2年度の申請受付を6月8日(月曜)から開始いたしますので、ひとり親家庭を支援する団体の皆さまには、ぜひ本補助金を活用していただきますようお願いいたします。

 

1.補助対象事業

週3日以上,1日あたり3時間以上行う以下の事業

(1)ひとり親家庭の交流の場

(2)ひとり親家庭の相談事業(個別相談,LINE等による相談等)

(3)ひとり親家庭の親を対象とした無料の学習支援

(4)ひとり親家庭のための食品の無料配布等

(1)及び(2)は必須事業とし、(3)(4)は任意とします

 

2.補助対象団体

ひとり親家庭の支援に資する福祉活動の実績(最低1年以上)を有する地域団体・NPO法人等

 

3.補助の対象

費目 内容
人件費 職員やボランティアの賃金、託児にかかる賃金、外部講師にかかる謝金、旅費
事業費

需用費(教材費、食料費、消耗品費、燃料費、光熱水費、印刷製本費)

役務費(通信運搬費、保険料)、賃借料

備品購入費

その性質上形状を変えることなく、概ね1年以上を超えて使用に耐えるもので、取得価格(消費税含む)が2万円以上のものを備品とします。

ただし、机・椅子は金額に関係なくすべて備品とします。

なお、活動を記録するためのカメラやビデオ、パソコンなど当該事業以外にも利用する備品購入費は対象外とします。

 

4.補助額(年額)

実際に要した費用の2分の1を上限とし,予算の範囲内で決定します。(上限450万円)

 

5.募集期間

令和2年6月8日(月曜)から令和2年7月8日(水曜)まで(消印有効)

 

6.申請方法

「神戸市ひとり親家庭の交流の場となる拠点づくり事業補助金交付申請書」に必要な書類を添付して、家庭支援課に申請してください。

 

7.申請書類提出先(郵送)・お問い合わせ先

こども家庭局家庭支援課

〒650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号

電話番号078-322-0249

 

補助金交付要綱及び実施要領

交付要綱(PDF:745KB)

実施要領(PDF:463KB)

 

提出書類

様式一式(第12号を除く)(WORD:29KB)

様式第12号(EXCEL:16KB)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階