更新日:2019年11月1日

私道側溝改(新)築助成制度

ここから本文です。

申出用紙

私道側溝改(新)築助成申出書

私道側溝改(新)築助成申出書(PDF:27KB)

地元で私道の側溝のみを新築もしくは改築される場合に、助成金の交付申請に先立ち、助成申出書を提出していただきます。
申出書に基づき、現地調査のうえ、助成の可否を決定します。

付近見取図

付近見取図(PDF:227KB)

工事箇所の付近見取図をかいて下さい。目標となる施設等も表示して下さい。
住宅地図等の写しを添付していただいても結構です。

事務の根拠

神戸市私道側溝改(新)築助成に関する要綱

事務の概要

用地の関係や構造上の問題などで、公道として認定することが困難な私道の整備を促進するため、地元で私道の側溝のみの新築もしくは改築工事をされる場合に、その工事費の一部を助成します。

申出先

東灘区、灘区

  • 建設局東部建設事務所
  • 電話 854-2191

中央区、兵庫区

  • 建設局中部建設事務所
  • 電話 511-0515

長田区、須磨区

  • 建設局西部建設事務所
  • 電話 742-2424

北区

  • 建設局北建設事務所
  • 電話 981-5191

垂水区

  • 建設局垂水建設事務所
  • 電話 707-0234

西区

  • 建設局西建設事務所
  • 電話 912-3750

事務の流れ

  1. 助成申出書の受理
  2. 事前審査(現地調査)
  3. 適否の審査
  4. 適であれば申請書提出指示
  5. 申請書類の受理
  6. 助成金交付決定
  7. 交付決定であれば助成額の決定
  8. 助成金交付通知書の交付
  9. 着工届の受理
  10. 完了届の受理
  11. 完了検査の実施
  12. 工事量の増減確認
  13. 助成金の交付

審査基準(審査のめやす)

  • 道路の幅員1.5m以上あること
  • 地主の了解があり、関係住民のすべてが整備を要望していること
  • 道路ができてから3年以上経過していること
  • 流末が公道側溝もしくは雨水幹線に接続していること
  • 側溝を利用する5軒以上の家屋があり、かつそれらの家屋が築造後3年以上経過していること
  • 再助成の場合、前回の助成から10年以上経過していること

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局道路部管理課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸4階