現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 生活保護・地域福祉 > 生活困窮者自立支援 > ICTを活用した生活困窮者学習支援事業を実施しています

更新日:2020年6月22日

ICTを活用した生活困窮者学習支援事業を実施しています

ここから本文です。

「生活困窮者学習支援事業」とは

各区役所・支所に設置している相談窓口「くらし支援窓口」では、専任の相談員が、様々な理由で経済的にお困りの状況についてお聞きし、一緒に考え、解決に向けて寄り添った支援を行っています。                                                                                その支援内容の一つである「生活困窮者学習支援事業」は、生活困窮者自立支援法に基づく事業であり、生活困窮者(生活保護受給世帯を含む)の小学4年生~高校3年生を対象とした集合型の学習支援や保護者に対する養育支援、及び高校生を対象とした中退予防支援等を実施しています。

※詳細については、こちらのページをご覧ください。

「ICTを活用した生活困窮者自立支援事業」の実施について

1.事業概要

新型コロナウイルス感染症拡大で休校期間が長期化し学力格差が懸念される中、家庭教師でマンツーマン指導を展開する株式会社トライグループのノウハウを活用し、生活困窮世帯の中学3年生を対象に、ICTを活用した学習支援を実施します。この取り組みにより、生活習慣の乱れを整えるとともに、家庭学習で分からないまま質問できずに放置している問題などを、大学生等講師に直接質問できる仕組みを提供します。

6月末までは中学3年生が対象ですが、7月1日以降は、中学2~3年生に対象を拡大し、継続実施します。

オンライン学習会

2.実施内容について

1週間に1回、大学生講師との個別同時双方向型オンライン学習を50分確保でき、自習して分からなかった問題や学習方法の悩み等を直接やり取りできる場を設けます。                                                                      

3.対象者について

下記(a)~(e)に該当する市内在住の中学2年生、中学3年生

(a) 生活保護受給世帯

(b) 就学援助受給世帯

(c) 児童扶養手当受給世帯

(d) 上記(a)(b)(c)を申請中の世帯

(e) 新型コロナウイルスの影響を受けて休業等により収入の減少があり生活に困窮している世帯

3.受講可能時間について

月~金曜日の18:00~22:00、土曜日の14:00~22:00の中から1週間1回50分を選択

4.実施期間等について

募集期間:令和2年6月23日~令和2年12月31日

実施期間:~令和3年3月31日

5.申込み方法について

こちらのページ(外部リンク)より、受講生の募集受付を行っています。(令和2年6月23日公開)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階

福祉局くらし支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階