ホーム > 子育て・教育 > 学齢期(6~15歳) > 地域団体による支援 > 学びへつなぐ地域型学習支援事業

学びへつなぐ地域型学習支援事業

最終更新日:2022年5月17日

ここから本文です。

お知らせ

1.事業の概要

子どもの貧困の連鎖を防止するためには、家庭の経済的事情により学習機会を十分に得られていない子どもに対して、その機会を提供することが重要です。さらに、就職に当たり、少なくとも高卒程度が一般的に求められる状況下で、学習内容が高度化し、家庭の事情で様々に複合的な問題が顕在化してくる中学生に対して、いかに地域社会全体で効果的な学習支援をしていけるのかが課題となっています。

事業目的

①高校受験・進学を目指した学習の場を提供すること
②高校受験・進学の先の目標として、社会人としてのなりたい自分を描けるように、先輩や大人と接する機会を提供すること
③地域全体で子どもを支える気運を醸成すること

事業内容

経済的な事情等により学習機会を十分に得られていない中学生を対象として学習支援を実施運営する地域団体に対し、補助金の交付及びその他運営にかかる支援を実施します。

2.学習支援実施運営団体

選考会において採択した4団体が、令和4年7月から原則週1回以上、1回あたり2時間30分以上の学習支援を行っていきます。

学習支援を行う4団体

  • NPO法人 阪神つばめ学習会
  • 社会福祉法人 基督教日本救霊隊神戸実業学院
  • NPO法人 福祉ネットワーク西須磨だんらん
  • 社会福祉法人 丸

3.有償ボランティア(講師・運営補助)

上記4団体が学習支援を実施するにあたり、有償ボランティア(講師・運営補助)として学習支援の実施運営に参画されたい個人の方を令和4年5月16日(月曜)から募集します。
お申し込みはこちらからお願いします(外部リンク)

4.受講生(中学生)

令和4年7月から学習支援を開始するにあたり、令和4年5月9日(月曜)から受講生を募集します。
詳細はこちらをご覧ください

5.学習支援実施運営にかかるコーディネート等業務

学習支援実施運営団体(4団体)が学習支援を行うための事前準備や学習支援の運営にかかる支援を行う事業者を令和4年4月8日(金曜)に決定しました。
 
事業者名 一般財団法人 大吉財団
代表者 理事長 山本 吉大
住所 神戸市中央区小野浜町1-4KIITO306

6.株式会社創造学園との連携協定

令和3年6月16日(水曜)に株式会社創造学園と連携協定を締結しました。

学習支援運営実施団体(4団体)が学習支援を行うにあたり、株式会社創造学園には、神戸市内での長年に渡る学習塾運営で培われた経験を活かし、①教室運営のノウハウ提供、②受験に関する情報提供、③個別の進路相談などを通じて、神戸市とともに地域団体による学習支援をサポートしていただきます。

連携協定書(PDF:519KB)

(参考)これまでの記者発表資料

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

こども家庭局こども未来課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階