ソフトバンクと連携したスマホ教室

最終更新日:2022年5月18日

ここから本文です。

概要

神戸市では、学生スマホ教室の開催により、デジタル機器に不慣れな方への支援を充実させているところですが、この度、ソフトバンク株式会社(以下、「ソフトバンク」)より、デジタル機器を活用した新しい市民活動スタイルを高齢者の皆さまへ普及・定着させていくために、神戸市と連携してスマートフォン教室を開催したいと提案があり、神戸市とソフトバンクで「高齢者等のデジタルリテラシー向上支援に関する事業連携協定」を締結いたしました。

実施内容

①スマホ体験講座
座学形式で、スマホのスペシャリストに講習していただきます。基本的な操作内容(マップ、カメラ、写真、電話、メール、音声入力等)を体験していただきます。(体験用スマホはソフトバンクが用意します。)

②スマホ活用講座(LINE講座)
座学形式で、スマホのスペシャリストに講習していただきます。主にLINEの活用方法(友だちの追加方法、グループの作成方法、オープンチャットの作成方法)を体験していただきます。(体験用スマホはソフトバンクが用意します。)

実施期間

令和4年2月から開始(月7回が開催上限)
※実施スケジュールの詳細については、地域団体等と調整の上、決定します。

開催場所

地域福祉センターや区役所会議室を予定しております。

費用

無料

お問い合わせ先

企画調整局デジタル戦略部情報政策担当