ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 企画調整局の計画・事業等 > 神戸市の情報化施策 > ソフトウェア資産管理(SAM)の取り組み

ソフトウェア資産管理(SAM)の取り組み

最終更新日:2021年9月14日

ここから本文です。

神戸市では、ソフトウェア資産管理(SAM)のより一層の適正化に取り組んでいます。取り組みにあたっては、BSA(ザ・ソフトウェア・アライアンス)から、「SAMモデル自治体」として「ソフトウェア資産管理基準」、「ソフトウェア資産管理手順書」策定(平成21年7月施行)にかかる助言等の支援を受けています。

BSA(ザ・ソフトウェア・アライアンス)(外部リンク)

具体的な取り組み

具体的には、次のような取り組みを実施していきます。

  • 「ソフトウェア資産管理基準」、「ソフトウェア資産管理手順書」の内容の着実な実施
  • コンピュータ管理台帳及びソフトウェア管理台帳によるソフトウェア資産管理の適切な実施
  • ソフトウェア資産管理についての研修・自己点検・監査の定期的な実施

参考

  • ソフトウェア資産管理:
    組織内のソフトウェア資産の有効な管理,制御及び保護。
    (JIS X 0164-1「ソフトウェア資産管理-第1部:プロセス」より引用)

お問い合わせ先

企画調整局デジタル戦略部