現在位置

ホーム > ビジネス > 産業振興 > 農漁業 > 神戸市の農魚業に関する施策 > 西・北農業振興センターの業務(農家の方へ)

更新日:2020年7月10日

西・北農業振興センターの業務(農家の方へ)

ここから本文です。

  • [1月19日]内容を更新しました。

生産振興対策

神戸市では、米、野菜、果樹、花など多種多様な農業が営まれています。これらの生産を振興するために、共同利用機械やビニールハウスの導入のための補助事業を実施しています。

また、国の経営所得安定対策(旧農業者戸別所得補償制度)の実施に伴い、事業に関する資料作成指導や確認事務を行っています。

農業共済事業

「農業災害補償法」に基づいて、農作物の自然災害や病害虫による損害、家畜の疾病・事故による損害、及び園芸施設・附帯施設・施設内作物の自然災害等による損害に対して、その損失を補填します。また、被害の発生を未然に防止するため、損害防止事業を実施しています。

なお、神戸市では農作物共済(水稲・麦)と家畜共済(乳牛の雌(成乳牛・育成乳牛)・肥育牛・他肉牛)・園芸施設共済の3事業を実施しています。

農業共済のページへ

畜産振興対策

神戸市では、酪農や肉牛などの畜産業が営まれています。畜産農家の振興のために、経営資金の融資や各種補助事業を実施しています。

また、神戸ビーフなど市内産の畜産物のPRや消費拡大のためイベントを実施しています。

畜産農家の方向けのページへ

里づくりの推進

神戸市の農村部では、里づくり協議会等の地域団体が主体となり、景観保全や都市住民との交流などの活発な活動が実施されています。

神戸市は、このような里づくり活動を応援するため活動経費の助成や広報などの支援事業を実施しています。

地域・農家の活動紹介ページへ

有害鳥獣・特定外来生物対策

神戸市の農村部では、イノシシやカラスなどの野生動物による農作物が被害が相次いでいます。また、アライグマ、ヌートリアなどの特定外来生物の増加も問題となっています。

神戸市では、被害防止のため有害鳥獣の捕獲や箱わなによるアライグマの捕獲などの事業を実施しています。周辺住民の方のご理解とご協力をお願いいたします。

有害鳥獣・特定外来生物対策(農政計画課のページへ)

西・北農業振興センターミニ通信(バックナンバー)

西・北農業振興センターでは、農家の方向けに、神戸市の農業政策や農村地域の取組みを紹介するため、毎月、西農業振興センターミニ通信・北農業振興センターミニ通信をそれぞれ発行しています。

西・北農業振興センター ミニ通信(バックナンバー)

お知らせ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局西農業振興センター 

〒651-2124 神戸市西区伊川谷町潤和1058 西神文化センター内 【西農業振興センター】