燃えるごみ

ここから本文です。

燃えるごみ

クリーンセンターで焼却します。燃やしたあとの灰は、大阪湾フェニックスセンター(六甲アイランド沖の埋立処分場)で埋め立てます。

出し方

分別するごみ袋のイメージはこちら 45リットル・30リットル・15リットルの3サイズがあります。週2回収集
※祝日も収集します

必ず指定袋に入れ、袋の口をしっかりと結んで、収集日当日の午前5時から午前8時までに決められたクリーンステーション(ごみ集積場)に出してください。

収集日はこちら

対象品目

45リットル指定袋に入る大きさで、単品で5kg以下の重さの台所(生)ごみ、紙くず、皮革・繊維類、プラスチック類、木質ごみなど

【おしらせ】平成23年4月から「容器包装プラスチック」以外のプラスチックは「燃えるごみ」に分け方を変更しています。
※くわしくは「神戸市環境局からの大切なお知らせ(平成23年4月から「容器包装プラスチック」の分別収集を全市で実施しています)」のページへ

台所(生)ごみ

調理くず
食べ残し
茶殻
果物の皮
油類(サラダ油・食用油)
容器包装プラスチックのうち、食用油・ソース・ドレッシングなどのボトル、マヨネーズなどのチューブ類、食品用トレイなどで中身や汚れが簡単に取れないもの

紙くず

紙くず、紙コップ

皮革・繊維類

靴、かばん、まくら、座布団
古着・古布(資源集団回収に出せない場合)など

  • ※金属部分がはずせるものははずして、金属の部分は「燃えないごみ」へ。その他部分は「燃えるごみ」へ
  • ※金属部分がはずせないものは、そのまま「燃えるごみ」へ

プラスチック類

カセットテープ、ビデオテープ、バケツ、洗面器、歯ブラシ、レジャーシート、スポンジ、ビニール製品、ゴム製品、使い捨てライター など

目印はプラマークプラマークのついているプラスチック製の容器や包装類は「容器包装プラスチック」の日に出してください。

家庭用プリンターの使用済みインクカートリッジは、メーカー等によるリサイクルの取り組みが行われています。

木質ごみ

小さな木製品、板、棒、草・花、落ち葉、木の枝など
※必ず指定袋に入れて出してください。

その他

紙おむつ、ペットのトイレ専用砂(紙製など)
※汚物やペットのふんはトイレに流してください。汚物やペットのふんを取り除いた紙おむつや専用砂(紙製など)は、小さなポリ袋に入れてから、指定袋に入れてください。

犬の飼い方・マナー

新聞・雑がみ・段ボールは、燃えるごみに出さずに、資源集団回収に出しましょう!※古着・古布も、集団回収で集めている場合は、できるだけそちらに出してください。

出す時の注意

油類は布や紙にしみこませるか、固めて、小さなポリ袋に入れてから指定袋へ入れてください。
※液状のまま、ボトルなどに入れて出さないでください。

竹串など先のとがったものは、危険なため2つに折って紙にくるんでください。

生ごみの重さは燃えるごみのうち約3~4割を占めています。この生ごみは、少しの努力で、簡単に減らすことができます。

1.十分に水切りをしましょう。

生ごみには7~8割も水分が含まれているため、十分に水切りするだけでも大きな減量効果があります。
また悪臭や腐敗の主な原因は実は水分といわれています。

2.食料品は計画的に買いましょう。

台所から出るごみのうち約1割が手つかずの食料品です。
賞味期限切れになる前に食べられるように計画的に買いましょう。

3.食事の作りすぎ、食べ残しをなくしましょう。

たくさん食事を作っても、食べきれずに捨ててしまうことは材料を無駄にしてしまうことになります。食事の作りすぎに注意しましょう。

生ごみの減量・リサイクル(段ボールコンポスト紹介)

   ワケトンカレンダー 印刷して便利に活用しよう!

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

環境局業務課 

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 2階