現在位置

ホーム > 区役所 > 東灘区 > 東灘区制70周年記念特設ページ

更新日:2021年9月21日

東灘区制70周年記念特設ページ

ここから本文です。

1.東灘区の70年

昭和25年10月に旧5カ町村の住吉村・御影町・魚崎町・本庄村・本山村が東灘区
神戸市と合併したことにより誕生した東灘区は令和2年に区制70周年を迎えました。
 

合併当時8万4000人であった人口は、阪神・淡路大震災で大きな被害を受け減少しましたが、
現在21万3053人と市内で3番目の多さとなっています。(令和3年8月末現在)

江戸時代には、六甲山からの急流を利用した精米、酒米精製が盛んになり、
海岸地域に酒蔵が軒を連ねるようになりました。
明治以降には、近代化に伴う交通機関の発達により大阪・神戸の良好な郊外住宅地として発展しました。

加えて、だんじりの巡行など誇るべき伝統文化が受け継がれ、灘の酒は日本の酒どころと呼ばれるようになりました。また、大学や美術館が数多く立地する文教の街でもあります。一方、埋立造成で生まれた六甲アイランドは港湾・住宅・学校等が計画的に配置された海上文化都市となっています。

 
西暦 出来事
1950年4月 住吉村・御影町・魚崎町が神戸市と合併 東灘区誕生
    8月 神戸市バスが東灘区に開通
   10月 本庄村・本山村が神戸市と合併 現東灘区となる
1969年 東灘卸売市場(現東部市場)開設1974年神戸市立東灘図書館開館
1986年 「梅」が区の花に決定1988年六甲アイランド入居開始
1992年 東灘区民センター(現東灘区文化センター)開館
1995年 阪神・淡路大震災
2009年 旧乾邸・庭園 市指定文化財・名勝に指定
2018年 御影公会堂 国の登録有形文化財に登録
2020年6月 灘の生一本が日本遺産に認定
   10月 区制70周年

東灘区ダイジェスト年表

2.レトロな東灘

東灘区は古くから多くの伝統文化があり、多彩な魅力があるまちです。
令和2年の「レトロな東灘」企画でご応募いただいた写真の中から、東灘の昔の街並みをご紹介します。
今では姿かたちが変わっている場所や今でも変わらない場所、昔ならではの光景などを見ることができる写真が集まりました。

レトロな東灘 「東灘の古い写真」を公開します!
 

3.区制70周年記念誌「東灘のあゆみ」配布中!

園田学園女子大学の 田辺 眞人 名誉教授にご協力をいただき、記念誌を作成しました。
現在、東灘区役所 4階 まちづくり課 45番窓口で無料配布中です。

区制70周年記念誌「東灘のあゆみ」(PDF:13,975KB)
東灘のあゆみ

4.タイム酒樽プロジェクト~2030年のあなたに届けます~

東灘区の魅力である、「灘の酒」は、神戸・灘の地で磨かれてきました。
この地で磨かれた誇りある「灘の酒」を盛り上げると共に、区制70周年記念事業の一環として
タイム酒樽プロジェクトを実施します。

東灘区在住・在勤・在学の方を対象に、皆様から未来の自分や大切な人への手紙を募集します。
また、頂いた手紙や写真は2030年の東灘区制80周年の際にお届けします。

タイム酒樽プロジェクトとは?

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

東灘区総務部まちづくり課 

〒658-8570 神戸市東灘区住吉東町5丁目2番1号