更新日:2021年5月7日

特定動物について

ここから本文です。

愛玩等の目的での飼養について

令和2年6月1日施行の改正動物愛護管理法により、愛玩等、下記の特定目的以外の目的で特定動物を飼養・保管することができなくなりました。

 1 動物園その他これに類する施設における展示

 2 試験研究又は生物学的製剤、食品若しくは飲料の製造の用

 3 生業の維持 等

ただし、令和2年5月31日以前に愛玩等の目的で許可を取られている方については、令和2年5月31日時点で飼養している個体に限り、継続して飼養が認められます(令和2年6月1日以降、数を増やすことはできません)。

特定動物の飼養許可

上記の特定目的で特定動物(毒ヘビ、ワニ、ライオンなど危険な動物)を所有しようとする者は、動物種ごとに許可を得なければなりません。許可申請にあたっては、あらかじめ、所管の衛生監視事務所にご相談ください。

特定動物リスト(環境省)(外部リンク)

  • 許可申請手数料 10,000円
  • 変更許可申請手数料 6,000円

所有する特定動物が逸走又は人に危害を加えたときは、所有者は直ちに所管の衛生監視事務所へ届け出てください。

所有する特定動物の数の増減、施設の変更、市外への移動等については、あらかじめ所管の衛生監視事務所にご相談ください。

特定動物の交雑種について

令和2年6月1日施行の改正動物愛護管理法により、特定動物の交雑種が新たに飼養許可の対象になりました。令和2年6月1日より前に特定動物の交雑種を飼養している方は、下記の経過措置期間中に飼養許可の申請を行わなければなりません。

申請期間:令和2年3月2日から令和2年5月31日まで

申請窓口

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局環境衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階