ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 都市局の計画 事業等 > 交通に関する計画・調査 > 地域交通における協働の取り組み > 垂水区望海台地域の取り組み(望海台コミュニティバス「望海(のぞみ)」)

垂水区望海台地域の取り組み(望海台コミュニティバス「望海(のぞみ)」)

最終更新日:2022年7月25日

ここから本文です。

垂水区望海台地域(塩屋町8丁目及び7丁目の一部)では、急勾配や狭隘な道路幅員により、地域内を運行できる公共交通がないため、以前から通院や買い物などの日常生活の移動が不便な状況となっています。
こうした課題解決のため、地域住民が主体となって日常生活の移動手段となる地域コミュニティ交通として、デマンド型乗合タクシー(※)の実現に向けて取り組んでいます。

(※)デマンド型乗合タクシーは予約に応じて運行するタクシー車両を用いたバスです。
運行イメージ

デマンド型乗合タクシーの愛称決定

望海台地域で導入を目指す「デマンド型乗合タクシー」の愛称が決定しました。
望海台コミュニティバス「望海(のぞみ)」です。
「望海」と書いて「のぞみ」と読みます。
 

第2回実証運行について

デマンド型乗合タクシー「望海(のぞみ)」は、令和4 年1 月より3ヶ月間、需要把握のための実証運行を実施しました。
このたび、1回目の実証運行結果を基に運行計画を見直し、本格運行への移行の可否を見極めることを目的に、令和4 年8 月1 日より6ヵ月間の実証運行を実施します。

なお、これまで以上に多くの方にご利用いただけるよう、運行初日から8月31日までの1ヶ月間は、お試し運行キャンペーン期間として運賃無料で運行いたします。 

運行内容

  • 運行期間:令和4年8月1日(月)~令和5年1月31日(火)※利用状況により運行期間が短くなる可能性があります
(お試し期間:令和4年8月1日(月)~令和4年 8月31日(水))
 
  • 運行事業者:山陽タクシー(株)
  • 使用車両:セダン型車両(定員4名)
  • 運行日:毎日※年末年始除く
  • 運行時間帯:9時台~17時台※お試し期間中は16時台まで
  • 時刻表・運行ルート

 系統1:イオン・望海台間の運行
 系統2:塩屋駅・望海台間の運行
 時刻表・運行ルートはこちらをご参照ください。(PDF:298KB)

  • 停留所

①イオン
②塩屋駅
③望海台地域
 望海台地域内では、利用者の任意の場所で乗降可能です。
 ただし、予約時には乗降ポイントを選択していただきます。
 なるべく乗降ポイント付近での乗り降りにご協力をお願い致します。
 望海台地域内の乗降ポイントはこちらをご確認ください。(PDF:207KB)

  • 運賃:450円
  • 割引運賃: 300円(2名乗り合う場合)

200円(3名以上乗り合う場合)

 (注)割引運賃はweb予約された方のみ適用されます。

  • 予約制限:(web)乗車30分前予約

 (電話)乗車60分前予約※お試し期間中は前日17時まで

 

お試し運行キャンペーン内容

・お試し期間その1
 期間:令和4年8月1日(月)~令和4年 8月15日(月)
 運賃:電話予約の方…無料、WEB予約の方…無料

・お試し期間その2
 期間:令和4年8月1日(月)~令和4年 8月15日(月)
 運賃:電話予約の方…450円、WEB予約の方…無料※ ※降車時にWeb予約画面を提示ください

 

ご利用(予約)方法

望海台コミュニティバス「望海(のぞみ)」の予約はweb予約と電話予約の2通りあります。
ご利用(予約)方法の概要についてはこちらをご参照ください。(PDF:163KB)

予約開始時期
  予約開始時期
Web予約 令和4年7月10日
電話予約 令和4年7月25日

予約方法
【web予約の場合】

  • 初回ご利用時前に利用者登録が必要です。
  • 利用者登録が完了したら、運行予約が可能になります。


【電話予約の場合】

  • 予約制限時間までに、予約先の電話番号「078-707-2200」に電話してください。

目標の設定(目標乗合率)

望海台コミュニティバス「望海(のぞみ)」は、路線バスと同様にあらかじめ運行ルートや停留所・時刻表を定めますが、利用者の予約があった場合にだけ運行するため、利用者同士が乗り合うことで、少ない運行回数で多くの利用者を運ぶことができ、効率的な運行が可能となります。
「望海(のぞみ)」の効率的な運行の実現のため、その目安として目標乗合率を設定し、その達成を目指します。

望海台地域での目標乗合率:1.5(1台当たり平均1.5人程度の乗合)
乗合率とは
乗合率は、1運行中に乗り合う利用者数のことで、
1運行中の利用者数が1人の場合は乗合率1
1運行中の利用者数が2人の場合は乗合率2・・・・となります。

取り組み内容

令和3年度から地域が立ち上がり、地域の交通課題解決のため、望海台コミュニティバス「望海(のぞみ)」の本格運行を実現すべく、取り組みを検討を進めています。

取り組みの流れ(令和3年度~)

取り組み流れ

取り組み概要
 
  • 令和3年8月:地域組織「望海台交通システム委員会」の設立
  • 令和3年9月:アンケート調査の実施
  • 令和3年10月~:運行計画の検討
  • 令和4年1月~3月:第1回実証運行
  • 令和4年8月:第2回実証運行開始

望海台交通NEWS

垂水区望海台地域の取り組みについて、地域の検討組織(望海台自治会交通システム委員会)が適宜NEWSを発行しています。
 

お問い合わせ先

都市局交通政策課