現在位置

ホーム > くらし・手続き > まちづくり > 河川 > 水害への備え > 1.水害のメカニズム(ふだん水が少ない川なのに、なぜ?)

更新日:2019年11月1日

1.水害のメカニズム(ふだん水が少ない川なのに、なぜ?)

ここから本文です。

災害には必ず原因があります。
例えば火災が起きるには、

  1. 燃えるもの
  2. 発火点以上の温度
  3. 酸素

の3つがそろう必要があります。
では、水害が起きる時には、どのような要因がはたらいているのでしょうか?

答は、ズバリ下の絵に書かれた5つです。

水害のメカニズム

(1)雨

一時に大量に降れば、それだけで川の水位は上がります。
特に旧市街地は北側に六甲山があるため、湿った風が山にぶつかることで一時的に大きい雨が降りやすいという特徴があります。

(2)地質

地質にも、石のように固いところと砂のように柔らかいところがあります。
当然、地質の状態により、雨が降った時の様子が違ってきます。
特に六甲山は花崗岩でもろく崩れやすいので、土砂崩れや地すべりが起きやすい地質です。
さらに、崩れた土砂が川に流れ込めば川をせき止めるなどして、状況をさらに悪化させていくこともあります。

(3)都市化

地表がアスファルトやコンクリートになると、雨は地面にしみこむことなく、直接、道路側溝(みぞ)や川に流れ込みます。
水がしみこむ時間がない分、川の水位は急に上がりやすいと言えます。

(4)川の勾配(かたむき)

神戸市の、特に旧市街地部は背後にすぐ山があるため、川の数が多く、長さが短く、流れが急という特徴があります。

(5)あふれた水

ふつう、道路や家屋に降った雨は、道路側溝や雨水幹線を通して川や海に流れていきます。
しかし、ある程度以上に雨が降ると、一杯になった道路側溝や雨水幹線からあふれた水が地盤の低いところや地下室などに流れ込むことになります。

参考 雨の強さの目安

雨が降り出したら、どのくらいの強さかを観察することが大切です。
大体の目安は、以下のようになります。

雨の強さの目安

家の近くの雨量を知りたい場合

専用のレーダーで観測した降雨情報をホームページ(レインマップこうべ250)で配信しています。

レインマップこうべ250(外部リンク)

テレホンサービス(078-325-3960または078-747-2159)も参考になります。
各地区の代表観測所での雨量(前1時間、前24時間、前72時間)を順番に案内しています。

  • 東部地区:東灘、灘区
  • 南部地区:中央、兵庫、長田、須磨区
  • 西部地区:垂水、西区
  • 北部地区:北区

水害への備えのほかの項目

 

神戸の川トップページにもどる

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局防災部河川課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通5-1-14神戸商工貿易センタービル19階