台所

ここから本文です。

台所

『細雪』より引用

幸子は急ぎ足で戻ると電話のある台所の方へ行っていたが、もう電話は切れていて、雪子はそこにいなかった。(下巻17章)

解説

かなり狭い台所であるが、狭さを感じさせないような工夫がしてある。まず天井を見てもらいたい。天井板が張らずに梁が見えるようなになっているため、圧迫感がない。
食器棚は、階段下に設置してあるため、ロス空間がない。このあたりに水道が引かれたのは、昭和17,8年のことなので、谷崎在住中の前半は水道はなかった可能性がある。昭和62年に解体される前は、井戸は使える状態だった。(窓から見える井戸は持って来た井戸。今は使えない)

風呂の焚き口があるが、湯かげんを見るためだけに風呂場へのくぐり戸が設置してある。西洋的合理趣味の極みかもしれない。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局業務課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル8階