現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 健康支援 > 歯と口の健康を守るために > オーラルフレイルを予防しよう

更新日:2021年9月13日

オーラルフレイルを予防しよう

ここから本文です。

オーラルフレイルチェックが始まります!

①対象者は、65歳の市民の方

昭和30年4月1日生まれから、昭和31年3月31日生まれの方

②ご案内を郵送します
オーラルフレイルチェックを受けるための無料クーポン券と実施医療機関の名簿を9月13日以降順次、郵送いたします。
③内容は、お口の機能チェックと保健指導など
歯や噛み合わせの状況(咀嚼機能)、滑舌(舌口唇運動機能)や嚥下機能、口の乾燥等をチェックし、歯科医師や歯科衛生士による指導を行います。
④利用できる期間

無料クーポン券がお手元に届いた日から令和4年3月31日までとなります

⑤実施場所

「神戸市オーラルフレイルチェックのご案内」に記載されている実施医療機関【歯科医院】

  • お住まいの区以外の実施医療機関【歯科医院】でも受けられます。
  • 最新の医療機関【歯科医院】情報は下記でご確認ください。
  • 車椅子対応歯科医院については、神戸市歯科医師会(078-391-8020)へお問い合わせください。

実施医療機関【歯科医院】名簿

⑥利用するには、事前の予約が必要です。
  • 事前に実施医療機関に電話で予約をしてください。
  • 当日は、無料クーポン券と予め記入した問診票を持参してください。
  • 市外に転出された方は、オーラルフレイルチェック無料クーポン券は利用できません。
⑦費用は、無料です。
ただし、当日に治療や検査を行う場合は、保険診療となり費用が発生します
歯科医師の説明を受けてください。治療には、健康保険証が必要となります。

オーラルフレイルを知ろう!

かむ力や飲み込む力の低下といった歯や口の変化に早めに気づき、『オーラルフレイル』を予防しましょう。

オーラルフレイルの負の連鎖~オーラルフレイルの負の連鎖~

噛みにくいといった不調を放置することで、やわらかい食べ物を選ぶようになり、それが原因となり、噛む力が低下していきます。これが繰り返されると、低栄養や筋力の低下となり、フレイルリスクが高まります。

 

 


 

オーラルフレイル自己チェックをしてみましょう!

  1. かめない食べ物が増えた
  2. 歯の本数が20本未満である
  3. 食べこぼしが増えた
  4. 飲み物などでむせることが増えた
  5. 最近、滑舌が悪くなったと言われる
  6. 口の渇きが気になる

あてはまる項目があれば、オーラルフレイルがはじまっています。
放っておくとフレイルや要介護になるため、口や舌の体操などが必要です。

~健口体操のすすめ方~

  • 健口体操の前後には、首を左右にゆっくり傾けたり、肩を上下させてストレッチを行います。
  • 呼吸を整え、唾液をゴックンと飲み込みましょう。
  • 口を閉じたまま、頬をふくらませたり、すぼめたりしましょう。
  • 口を大きく開けて、舌を出したり引っ込めたりしましょう。
  • 舌を出して上下左右に動かしてみましょう。
  • 「パ・パ・パ…」「タ・タ・タ…」「カ・カ・カ…」と発音することで、口の周りの筋肉や舌の機能を向上できます。
  • 唾液腺マッサージも効果的です。

健口体操を行いましょう!(PDF:344KB)

かかりつけ歯医者さんで、半年に1回は歯と口のチェックを受けましょう!

歯と口の健康への関心が低いと、気づかないうちに歯周病やむし歯となり、治療をしないまま歯を失うことで、口の機能(呼吸する、話す、食べる、飲込む等)が低下します。
その結果、食欲低下やバランスの良い食事が摂れず、食べる量が減少し、低栄養となりフレイルが進む恐れがあります。歯と口の変化に早めに気づけるようにしましょう!

神戸市歯科医師会からのお知らせ

オーラルフレイルについて、歯科医師による説明の動画やお口のトレーニング動画をご覧いただけます。
オーラルフレイルをご存知ですか?(外部リンク)
オーラルフレイル予防のトレーニング動画(外部リンク)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア