現在位置

ホーム > 区役所 > 北区 > 区の紹介 > 北区の概要 > 北区の花

更新日:2019年11月1日

北区の花

ここから本文です。

神戸市では、それぞれの区のイメージに合わせて、「区の花」を設定しています。

北区の花は、昭和61年に「花いっぱい運動」の一環として一般公募し、「すずらん」と「菊」に決定しました。北区は、住宅地と農村地が共存する広い区で、地域性も異なるため、2つの花になりました。

すずらん(別名:キミカゲソウ)

ユリ科の多年草で、主に寒い土地にはえています。初夏には小さなつりがね型でにおいのいい花を咲かせます。

現在、普通に栽培されているのは、ヨーロッパ産のものが多いようです。

奈良時代に中国から渡ってきて以来、日本の代表的な花として親しまれています。その種類は1万種以上にものぼるそうです。

北区では山田町を中心に、栽培されています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

北区総務部まちづくり課 

〒651-1195 神戸市北区鈴蘭台北町1丁目9-1