現在位置

ホーム > 区役所 > 東灘区 > 区の紹介 > 東灘区のみどころ > 東灘区出身の偉人 嘉納治五郎

更新日:2021年9月17日

東灘区出身の偉人 嘉納治五郎

ここから本文です。

東灘区出身の偉人 嘉納治五郎とは

嘉納治五郎は、1860年(万延元年)10月28日、摂津国莵原郡御影村浜東(神戸市東灘区御影本町1丁目2番付近)に誕生し10歳まで過ごした後、東京に転居しました。
その後、講道館柔道を創設し、筑波大学の前身である東京高等師範学校校長として教育に尽力されました。また、東洋初の国際オリンピック委員となり、幻となった1940年の東京オリンピック招致に尽力するなど、世界的な活躍をされた方です。
御影へは毎年何度も帰省し、御影幼稚園創設の母体となる御影教育義会の設立を発案したり、灘中学校(旧制)創設に参画するなど、地元の近代教育の礎を築きました。
2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』では嘉納治五郎の活躍についても取り上げられています。

本ページでは、東灘区における嘉納治五郎の功績発信の取り組みについてご紹介します。

嘉納治五郎記念コーナー

記念コーナー写真神戸市立御影公会堂地下には、嘉納治五郎を顕彰する記念コーナーがあります。
コーナーには世界で唯一となる柔道衣姿の銅像があるほか、貴重な展示資料があります。
また、2019年(令和元年)6月にNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』主役の金栗四三役の中村勘九郎さん、人力車夫清役の峯田和伸さんが訪問された時の写真やサインなども展示しています。ぜひ足をお運びください。

サイン、ポスター住所:東灘区御影石町4-4-1 神戸市立御影公会堂地下
営業時間:午前9時~午後5時(火曜定休)
入場料:無料

嘉納治五郎翁生誕地看板

看板写真嘉納治五郎生誕地周辺に、同氏の功績を顕彰する看板を設置しています。

住所:東灘区御影本町1-3 市民公園敷地内
自由に観覧可(路上駐車等の迷惑行為はおやめください)

嘉納治五郎翁生誕地石碑

石碑写真嘉納治五郎生誕地に程近い、菊正宗酒造株式会社本社敷地内に石碑を設置しています。

住所:東灘区御影本町1-7-15 菊正宗酒造株式会社本社敷地内
道路沿いのため自由に観覧可(路上駐車等の迷惑行為はおやめください)

御影が生んだ偉人 嘉納治五郎パンフレット

パンフレット画像神戸市立御影小学校創立110周年記念事業実行委員会と連携し、同氏の功績や地域との関係性についてまとめたパンフレット「御影が生んだ偉人 嘉納治五郎」(著者 道谷 卓氏、無償配布)を発行しました。

※著作権は著者に帰属します。教育活動、東灘区のPRに活用いただくことは構いませんが、必ずパンフレット名・著者名などの情報を明記してください。引用元を記載していない再配布、再掲載は固くお断りいたします。また掲載している画像は関係団体の許可を得て使用しているものであり、無断転載を禁止いたします。

パンフレットのデータはこちら(PDF:3,809KB)

配布場所

  • 神戸市総合インフォメーションセンター(神戸市中央区雲井通8丁目 JR三ノ宮駅東口南側)
お問い合わせ先

ご不明な点がありましたら神戸市イベント案内・申込センター 078-333-3372(年中無休8時00分~21時00分)へお問い合わせください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

東灘区総務部まちづくり課 

〒658-8570 神戸市東灘区住吉東町5丁目2番1号