ホーム > 防災・安全 > 神戸市消防局 > 事業者の皆様へ > お知らせ > ビニールカーテンを設置する場合は注意してください

ビニールカーテンを設置する場合は注意してください

最終更新日:2022年11月14日

ここから本文です。

カーテン

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、窓口やレジなどに設置する塩化ビニル素材などの「ビニールカーテン」を設置する場合は、次の事項に注意してください。

 

 

 

 

 

火気の近くに設置しない

ビニールカーテンは燃えやすい素材であるため、コンロなどの火気や照明器具(白熱灯)の近くには設置しないでください。

消防用設備等の障害になっていませんか?

自動火災報知設備の感知器やスプリンクラーヘッドの付近に設置すると、火災が発生した際、火災を感知しない場合や散水障害となる場合があります。必要に応じて設備から距離や間隔を開けるようにしてください。

消防署に相談を

ビニールカーテンの大きさ、設置する場所や建物の用途によっては、消防法により防炎性能を有するビニールカーテンを使用する必要があります。

日本防炎協会「防炎物品の種類と防炎規制の対象となる防火対象物」(外部リンク)

ビニールカーテンの設置について、詳しくは最寄りの消防署までご相談ください。

消防署の管轄一覧

お問い合わせ先

消防局予防部査察課