現在位置

ホーム > 防災・安全 > 神戸市消防局 > 事業者の皆様へ > 査察 > 消防法令の違反に関する情報

更新日:2021年6月2日

消防法令の違反に関する情報

ここから本文です。

消防機関が、立入検査等により火災予防上の危険や消防法令違反を把握し、その改修等の命令を発した場合などには、消防法(昭和23年法律第186号)に基づきその旨を公示しなければなりません。
神戸市消防局では、これらの建物を利用される方や近隣住民など市民の皆様の安全のために、当ホームページにおいて公示を行っている建築物などの所在地、名称などをお知らせしています。
また、不特定多数の者が利用する建物において、屋内消火栓設備などの消防用設備等が設置されていない重大な消防法令違反に関する情報についても公表してお知らせしています。

重大な消防法違反のある対象物の公表

平成26年10月から、神戸市火災予防条例の改正により、不特定多数の市民の方が利用する建物のうち、特に重大な消防用設備等が未設置(屋内消火栓設備(外部リンク)スプリンクラー設備(外部リンク)又は自動火災報知設備(外部リンク)が未設置のもの。)の違反がある建物を確認した場合には、それらを利用される市民の皆様に対し、いち早く違反情報を公表します。
なお、この違反状況を早期に解消するよう強力に指導を続けていますが、それでも是正されない場合は、さらに下段の「火災予防上の行政措置命令」の対象となる場合があります。
現在、神戸市内において消防法違反が認められ、公表している建物の地図は神戸市情報マップ(外部リンク)をご覧ください。

各区の公表中の対象物(各区を選択すると詳細が表示されます)

公表中の対象物数
東灘区 0
灘区 1
中央区 0
兵庫区 0
北区 0
長田区 0
須磨区 0
垂水区 0
西区 0

火災予防上の行政措置命令を受けている違反対象物

消防法の規定に基づき、当市における「火災予防上の行政措置命令を受けている違反対象物」について公示を行い、市民の皆様に情報提供をいたします。
措置命令を受けている違反対象物については、このページで公示している他、当該建物や施設の出入口付近などにも命令されている旨の標識を貼付しており、さらに神戸市公報にも掲載など行います。そのため、市民の皆様がこれらの対象物のご利用の際に、参考とすることができます。
なお、この措置命令に対象物の関係者が従わない場合は、処罰されることがあります。

違反対象物にならないために

知らなかった!は通じません知らなかった!は通じません2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既存建物のテナントの入居・入替え、または用途変更や増改築などにより、建物関係者の方が知らない間に消防法令違反が発生し、消防用設備等の増設や防火管理者の選任が必要となる場合などがあります。

通常は、消防へのご相談・届出により消防法違反のない安全な建物になってから使用を開始していただきますが、ご相談・届出のないまま使用すると、消防署が立入検査などの機会に把握するまでの間は、建物関係者は消防法令違反と気づかないまま使用することになり、結果的に利用者や従業員の方々は危険な状態で建物を使用することになります。

テナント入居や増改築後に消防用設備等の工事を行うことになれば、事前の工事以上に費用や労力、時間を要することになるばかりでなく、消防法令違反が是正されなければ行政処分の対象となり、使用停止命令や告発による罰則を受ける場合があります。

建築確認申請の要否にかかわらず、使用を開始しようとする日の7日前までに「防火対象物使用開始届」を提出し、消防検査を受ける必要があります。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局予防部査察課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階