現在位置

ホーム > ビジネス > 神戸港のビジネス > 港湾環境整備負担金制度

更新日:2019年11月1日

港湾環境整備負担金制度

ここから本文です。

神戸港では、港で働く人達や市民の方々の憩いの場として緑地や公園を整備しています。整備に当り、神戸港に立地する企業にも建設費や管理費の一部をご負担いただくこととし、官民が一体となって神戸港の環境の向上に努めています。

港湾環境整備負担金制度とは

港湾環境整備負担金は、港湾管理者(神戸市)が、港湾の環境整備・保全のために実施する工事の費用(緑地等の建設工事費・緑地等の維持管理費・海面清掃費)の一部(1/2限度)を、港湾に立地する事業者(敷地面積1万平方メートル以上)の方々にご負担いただくもので、昭和48年7月の港湾法の一部改正により創設された制度です。

港湾環境整備負担金により建設・維持管理されている兵庫運河プロムナード、メリケンパークやポートアイランド・六甲アイランド及び東部地区など神戸港各所の公園は、訪れる人達に『港』への親しみと海辺の心地よさを感じてもらえるウォーターフロントとなっています。

神戸港港湾審議会 環境整備負担金部会

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

港湾局経営企画課 

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4丁目1-1ポートアイランドビル8階