市民病院

最終更新日:2021年11月5日

ここから本文です。

概要

神戸市には4つの市民病院があり、本市が設立した地方独立行政法人神戸市民病院機構によって運営されています。市民病院は、救急医療や高度専門医療をはじめとした質の高い医療の提供に努め、市民の生命と健康を守るという使命を果たしています。

中央市民病院

中央市民病院外観

病院の特徴と役割

  • 救命救急センターとして24時間365日体制で救急医療を提供し、脳卒中や急性心筋梗塞、交通外傷等、生命に関わるような重篤な患者を中心に、幅広く患者を受け入れています。
  • また、地域医療支援病院として地域医療連携の推進に取り組むとともに、高度医療機器の導入等を必要に応じて行い、神戸市全域の基幹病院として専門性の高い高度な医療を提供しています。

病床数

768床(一般病床750床(うちICU・CCU:22床、SCU:12床、HCU:28床)、感染症10床(第1種:2床、第2種:8床)、MPU:8床)

施設認定等

地域医療支援病院、救命救急センター指定病院、病院機能評価認定施設、災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、第一種感染症指定医療機関、総合周産期母子医療センターなど

診療科

循環器内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、脳神経内科、消化器内科、呼吸器内科、血液内科、腫瘍内科、膠原病・リウマチ内科、緩和ケア内科、感染症科、精神・神経科、小児科・新生児科、皮膚科、外科・移植外科、乳腺外科、心臓血管外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、頭頸部外科、麻酔科、歯科・歯科口腔外科、病理診断科、放射線診断科、放射線治療科、リハビリテーション科、救急部、総合内科(令和3年4月1日時点)

神戸市立医療センター中央市民病院(外部リンク)

西市民病院

西市民病院外観

病院の特徴と役割

  • 市街地西部(兵庫区、長田区、須磨区)の中核病院として、高水準の医療を提供するとともに、24時間365日の救急医療体制を継続し、地域住民が安心して暮らせる救急医療を提供しています。
  • また、地域医療支援病院として、専門性の高い医療を提供するとともに、近隣の医療・介護機関と緊密な連携のもと、在宅医療を支援しています。

病床数

358床(一般病床358床(うちHCU:7床))

施設認定等

地域医療支援病院、病院機能評価認定施設、がん診療連携拠点病院に準じる病院、認知症疾患医療センターなど

診療科

消化器内科、呼吸器内科、リウマチ・膠原病内科、血液内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科、総合内科(初診内科)、臨床腫瘍科、精神・神経科、小児科、外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科、脳神経外科、整形外科、血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、病理診断科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科(令和3年4月1日時点)

神戸市立医療センター西市民病院(外部リンク)

西神戸医療センター

西神戸医療センター外観

病院の特徴と役割

  • 神戸西地域(西区、垂水区、須磨区)の中核病院として、24時間365日体制の救急医療や高度専門医療、結核医療を提供しています。
  • また、地域における小児救急・小児医療の拠点として幅広い小児疾患に対応するとともに、地域の医療機関で対応困難なハイリスクな妊婦の受け入れなど、質の高い周産期医療を提供しています。

病床数

475床(一般病床425床(うちICU・CCU:10床)、結核病床:50床)

施設認定等

地域医療支援病院、病院機能評価認定施設、地域がん診療連携拠点病院、結核指定医療機関など

診療科

救急科、総合内科、脳神経内科、腎臓内科、内分泌・糖尿内科、免疫血液内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、腫瘍内科、緩和ケア内科、精神・神経科、小児科、外科・消化器外科、乳腺外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、形成外科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、病理診断科、歯科口腔外科(令和3年4月1日時点)

神戸市立西神戸医療センター(外部リンク)

神戸アイセンター病院

神戸アイセンター病院外観

病院の特徴と役割

  • 眼科領域の専門病院として、標準医療から高度先進医療まで提供するとともに、眼に関するワンストップセンターの核としての役割を果たしています。

病床数

30床(一般病床30床(眼科))

診療科

眼科

神戸市立神戸アイセンター病院(外部リンク)

地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

地方独立行政法人法に基づき、法人の業務を市民・患者、経営、医療および人材育成といった視点から多面的に評価するため、市長の附属機関として設置しています。

評価委員会の詳細については、下記ページをご覧ください。

西市民病院の再整備事業

西市民病院は昭和45年1月に現在の位置に開院し、今後の医療技術の進歩等に対応していくためには、施設の狭隘化や老朽化が課題となっています。神戸市では、これまでの有識者会議における議論やパブリックコメント等を踏まえ、令和3年8月に「新西市民病院整備基本方針」を策定しました。

新西市民病院パース

再整備事業の詳細については、下記ページをご覧ください。

神戸市立医療センター西市民病院の再整備事業

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局地域医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階 東側フロア