ホーム > 税金 > 市税 > 住民税(市県民税)の特別徴収 > 特別徴収をやめる【異動届出書】

特別徴収をやめる【異動届出書】

最終更新日:2023年12月15日

ここから本文です。

従業員の特別徴収をやめ、普通徴収(個人での納付)に変更、または別の事業所での特別徴収に変更する手続きです。

対象者

  • 年度途中での退職や休職、死亡などにより、特別徴収できなくなった従業員
  • 転籍や、会社の合併や解散などにより、その会社での特別徴収をやめる従業員

提出方法

電子申請

郵送

簡単作成サイト(申請サポートプラス)

※このサイトの利用は、2024(令和6)年3月31日をもって終了します。

ガイドにそって入力すると異動届出書が作成できます。
作成したものを印刷して提出してください。(電子的な手続きはできません。)

様式

A4サイズで印刷して記入の上、ご提出ください。

宛先

〒653-8770
神戸市長田区二葉町5丁目1番32号新長田合同庁舎2階
神戸市役所行財政局法人税務課特別徴収担当

よくある質問

Q1.退職する従業員は非課税だが、異動届出書の提出は必要ですか?

特別徴収税額決定通知書にその従業員の氏名が掲載されている場合は提出が必要です。
年度途中で税額変更があった際、特別徴収が継続された状態であれば、事業所宛に通知書をお送りすることとなります。

Q2.死亡した場合は、どのように手続きをすればよいですか?

未徴収税額の納付方法は普通徴収を選択して、異動届出書を提出してください。以降の納税については、市から相続人へ直接通知します。

その他の質問

画面左下の「?」マークのアイコンをクリックしてください。
その他の質問について、チャット方式で確認できます

PCのアイコン表示

PC_チャットボットアイコン

スマホ・タブレット等のアイコン表示

スマホ_チャットボットアイコン

お問い合わせ先

行財政局税務部法人税務課