現在位置

ホーム > くらし・手続き > 手続き・届出 > 申請用紙ダウンロード「申請べんり帳」 > 証明書交付申請・届出等 > 継続検査用 軽自動車税(種別割)納税証明書(車検用納税証明書)

更新日:2020年6月3日

継続検査用 軽自動車税(種別割)納税証明書(車検用納税証明書)

ここから本文です。

徴収猶予期間中に継続検査(車検)を受けられる方へ

軽自動車税(種別割)の徴収の猶予を受けた方が、猶予の期間中に対象車両の継続検査を受ける場合、自動車登録番号又は車両番号もしくは車台番号の記載がある徴収猶予許可通知書を提示すれば、対象車両の検査の証明書になり継続検査(車検)を受けることができます。

なお、徴収猶予の手続きに時間がかかることがありますので、車検の有効期限が近い場合は、余裕をもって徴収猶予の申請手続きをしてください。

市税の納付が困難なときは

 

事務の概要

車検時に必要な納税証明書を交付します。

事務の根拠

地方税法第20条の10ほか

三・四輪の軽自動車、二輪の小型自動車(250ccを超えるもの)について、継続検査終了後、車検証の返付を受ける際に必要です。

軽自動車税(種別割)納付別申請方法等

1. 窓口で納付された方

納税通知書の右側の部分が、車検を受ける際に必要な「軽自動車税(種別割)車検用納税証明書」になっています。金融機関やコンビニエンスストアの窓口で納付後、ご使用ください。(領収印のないものは無効です。)

ただし、「継続検査(検査証返付)の本書有効期限」欄が「**」で抹消されている場合は、使用できません。未納税(延滞金を含む)を納付後、下記6のとおり車検用納税証明書の交付申請をしてください。

2. 口座振替で納付された方

振替確認後、車検用(継続検査用)納税証明書(ハガキタイプ)をお送りします。

ただし、発送が6月中旬になりますので、それまでに車検を受けられる方は、記帳済の通帳またはそのコピーを、新長田合同庁舎・各区役所内市税の窓口までご持参いただき、車検用納税証明書の交付申請をしてください。

なお、6月上旬に車検を受けられる方は、窓口での納付をお勧めします。

口座振替をやめる手続きはこちら

3. クレジットカード納付された方

公金後、車検用(継続検査用)納税証明書(ハガキタイプ)をお送りします。発送日は、納付手続完了日により異なります。詳しくは「神戸市税納付サイト」内、納税証明発行スケジュールをご覧ください。

神戸市税納付サイト・納税証明発行スケジュールはこちら(外部リンク)

4. スマホアプリ納付された方

車検用(継続検査用)納税証明書の送付はありません。車検を受けられる方は、上記1のとおり金融機関・コンビニの窓口でご納付ください。

なお、スマホアプリ納付し、証明が必要な方は、下記6のとおり交付申請をしてください。

5. 4月2日以降に登録された方、減免を受けておられる方

(1)4月2日以降に登録した場合

軽自動車税(種別割)は4月1日の所有者(使用者)に対して課税されるため、「当年度は4月2日以降の申告のため、本市では課税していません。」と記載がある車検用納税証明書が発行できます。

(2)非課税や減免の場合

「神戸市市税条例第〇〇条により免税」と記載がある車検用納税証明書が発行できます。

上記の5.(1)(2)での証明が必要な方は、下記6のとおり交付申請をしてください。

6. 紛失等で再発行が必要な方

下記申請場所の窓口または郵送で、交付申請をしてください。

(1)申請場所

申請場所はこちら(PDF:39KB)

(2)申請用紙

納税証明書交付申請書・委任状(PDF:143KB)

納税証明書交付申請書・委任状(EXCEL:77KB)

記入例・・・車検用(PDF:188KB)

(3)申請できる人

証明書の内容は納税者の秘密にかかわる事項ですので、申請できる人は以下の通り納税者本人などに限られています。

納税者本人(納税管理人・相続人などを含みます)

納税者本人の委任等を受けている人(委任状・代理権授与通知書等により委任関係が確認できる方)

申請できる人の詳細はこちら(PDF:72KB)

(4)申請に必要なもの

①納税証明書交付申請書

記入例を参照し、必要事項を記入のうえお持ちください。法人の場合は、所在地・名称・代表者の肩書・代表者名をご記入いただき、代表者印を押印ください。

②申請者の本人確認書類

「なりすまし」による第三者からの虚偽の申請による証明書の不正取得を防止し、個人情報を保護するため、税務関係証明書等を申請される際に、窓口に来られた方の本人確認を行っています。

申請の際には、運転免許証などご本人であることが確認できるものをお持ちください。

本人確認書類はこちら(PDF:81KB)

③委任状(申請者が代理人の場合のみ)

申請者(来庁者)が納税者本人でない場合、委任状等が必要です。

委任状(ひな型)はこちら(PDF:47KB)

原本が必要です。原本の返還が必要な場合はその旨お申出ください。

なお、車検用(継続検査用)納税証明書に限り、車検証の原本提示または写しの提出があれば、委任状を省略できます。

④証明手数料

無料です。

⑤領収証書

納付後約3週間以内に申請される場合のみ収納確認のためお持ちください。

なお、スマホアプリ納付後、すぐに車検用納税証明書が必要な場合、領収証書がありませんでの、支払履歴画面の提示をお願いします。

(5)郵送で申請される場合

①~④と返信用封筒を下記送付先あて送付してください。

①納税証明書交付申請書

②申請者の本人確認書類(PDF:81KB)

③委任状(申請者が代理人の場合のみ)(PDF:47KB)

④領収証書

証明手数料は無料です。

申請内容等のご確認のため電話をすることがあります。日中に連絡がつく電話番号を納税証明書交付申請書に必ずご記入ください。

返信用封筒には宛先を記入し、切手を貼ってください。速達をご希望の場合は速達料金を含む切手を貼ってください。

送付先

〒653-8762

神戸市長田区二葉町5丁目1番32-2階

新長田合同庁舎市税の窓口

標準処理期間(処理期間の目安)

窓口で申請された場合原則として即日交付

郵送で申請された場合新長田合同庁舎に到達してからおおよそ1週間

お問い合わせ先

神戸市納税案内センター

電話078-647-9530(平日8時45分~17時30分)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

行財政局税務部収納管理課 

〒653-8762 神戸市長田区二葉町5丁目1-32 新長田合同庁舎5階