住宅用地に対する申告

最終更新日:2022年9月28日

ここから本文です。

申告用紙

住宅用地の特例を申告するための様式です。
A4サイズで印刷してください。

概要

居住用の家屋の敷地(住宅用地)については、その税負担を特に軽減する必要があることから、課税標準の特例が設けられています。
住宅用地の認定を適正に行うため、次の場合には、毎年1月31日までに固定資産税課に申告してください。

  • 住宅を新築又は増改築した場合
  • 住宅以外の家屋(店舗等)を住宅に変更、または住宅を住宅以外に変更した場合
  • 隣接地を取得し、住宅の敷地(庭等)として新たに利用した場合
  • 住宅を取り壊した場合
  • 土地の利用を変更した場合(住宅の庭等を貸出駐車場に変更した場合など)

課税標準の特例の詳細については、以下をご覧ください。

住宅用地の課税標準の特例

必要書類

住宅用地に対する申告書

その他資料の提出を求める場合があります。

提出、問い合わせ先

神戸市固定資産税課(土地担当)

神戸市固定資産税課

こうべ市税のページHOMEへ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

行財政局税務部固定資産税課 

〒653-8762 神戸市長田区二葉町5丁目1-32 新長田合同庁舎4階