更新日:2021年9月24日

障がい理解の促進・啓発の取り組み

ここから本文です。

神戸市では市民のみなさんが障がいを理解し、障がいの有無によって分け隔てられることない共生社会の実現に向け、障がいに対する理解の促進を図っています。また、平成28年4月に施行された障害者差別解消法で求められる障がい者に対する不当な差別の禁止や障がい者に対する合理的な配慮にむけた取り組みをすすめています。

障がい理解啓発講座

それぞれの障がいの特性を理解し、障がいのある方がどのようなことに困っているかなどについて知っていただくための啓発講座を実施しています。

出前トーク

市政をわかりやすくお伝えするとともに、みなさんのご意見をお聞かせいただくために、市の担当職員が、直接みなさんの地域に出向いてお話し、意見交換を行います。
令和3年度より、「障害への理解~私たちにできる最初の一歩~」というテーマを新たに追加しています。

出前トーク
 

障がいサポーター養成講座

神戸市では、福祉の心をはぐくみ、ボランティア活動などの実践につなげ、「ともに生きる」地域社会づくりを目指す、「ふれあいのまちKOBE・愛の輪運動」と連携し、困っている障がい者を見かけたときに、すすんで声かけをしたり、ちょっとした手助けができる障がいサポーターの養成講座を実施しています。

障がいサポーター養成講座(外部リンク)

障がいサポーターハンドブック

 

それぞれの障がいの特性、障がいのある方が日ごろ困っていること、配慮してほしいことなどを解説したハンドブックです。

障がいサポーターハンドブック(令和2年11月発行)(PDF:2,894KB)

障がい啓発ポスター

あなたの見守りが支えになります~障がいからくる様々な行動があります~

平成29年2月に決定された「ユニバーサルデザイン2020行動計画」では、国民一人一人が「心のバリアフリー」を体現するために、具体的な行動を起こし、継続することが必要であるとされています。神戸市においても、心のバリアフリー「様々な心身の特性や考え方を持つすべての人々が、相互に理解を深めようとコミュニケーションをとり、支え合うこと」の推進のため日頃より様々な広報・啓発活動に取り組んでいます。
令和2年度より障がい者の家族会の方々のご意見をいただきながら、啓発ポスターを作成しました。このポスターは市内を運行する公共交通事業者にご賛同いただき、掲出にご協力をいただいています。

(掲出イメージ)
kobever

障がい啓発ポスター(あなたの見守りが支えになります)について(PDF:183KB)


障がい者手帳カバーの配布

障がいのある方が日常的に使用・提示する障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳)について、神戸市と株式会社フェリシモが連携し、障がいの理解を深めるデザインを施した障がい者手帳カバーを制作しました。※令和3年度の配布は終了しています。

障がい者手帳カバー

障がいに関するマーク

障がい者に配慮した施設であることや、それぞれの障がいについて分かりやすく表示するため、いろいろなマークや表示があります。

障がい者に関するマークについて

ヘルプマーク・ヘルプカード

「ヘルプマーク」とは、義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方が周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう、作成したマークです。

ヘルプマーク・ヘルプカードについて
 

障害者週間における取り組み

1981年の国際障害者年を記念し、障がい者問題についての国民の理解と認識をさらに深め、障がい者福祉の増進を図ることを目的として、12月3日から12月9日までの「障害者週間」が設けられています。

障害者週間における取り組み

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局障害福祉課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階