現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 出産 > 新型コロナウイルス感染症にかかる妊産婦支援の実施について

更新日:2021年4月2日

新型コロナウイルス感染症にかかる妊産婦支援の実施について

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に対して、不安を抱えて生活する妊産婦を支援するため、妊産婦総合対策事業を行います。
妊婦の方がかかりつけの産婦人科医と相談し、希望される場合は、分娩前にPCR検査を受けるための費用を助成します。
また、陽性になった妊産婦に対し、保健師等による支援を実施します。

不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査の助成

令和2年度(検査を令和3年3月31日までに実施した方)

令和3年度(検査を令和3年4月1日以降に実施する方)

 

新型コロナウイルスに感染した妊産婦への寄り添い型支援

上記検査で陽性となった妊産婦が希望する場合は、保健師等が電話等で育児に関する助言や支援を実施します。

(1)対象者(以下の全てに当てはまる方)
・検査結果が陽性となった妊産婦の方
・健康面や出産後の育児などに不安を感じ希望をする方

(2)内容
・保健師などの専門職が支援を行います。
・訪問や電話などで、妊産婦の方のさまざまな不安や悩みをうかがい、専門的なケアや育児に関する助言や支援を寄り添いながら行います。

(3)相談窓口
お住いの区役所、支所こども保健係までご連絡ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階