自宅療養の方へ

最終更新日:2022年9月8日

ここから本文です。

自宅で療養するにあたり、ご不安なことがあると思いますが、保健師が療養をサポートします。
自宅療養される方は、以下の点に気をつけてお過ごしください

自宅療養の期間

お知らせ

  • 9月7日から、症状が有る場合の療養期間が10日間から7日間に短縮されました。

自宅療養の期間は、療養中の症状によって決まります。

症状が有る場合の療養期間

発症日から7日間が経過して、かつ症状軽快後24時間が経過するまでの期間です。
ただし、10日間(無症状者の場合は7日間)が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

  • 発症から6日目までに症状が軽快した方は、発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には8日目から解除となります。
  • 発症から7日目以降に症状が軽快した方は、症状軽快後24時間経過した翌日から解除となります。

症状が無い場合の療養期間

検体採取日から7日間を経過するまでの期間です。療養期間の途中で症状が出た場合は、症状が出た日を0日目として「症状が有る場合の療養期間」となります。

検体採取日から5日目に抗原定性検査キットで陰性が確認できた場合、6日目から療養期間が解除されます。
ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

(参考)濃厚接触者の健康観察期間
濃厚接触者の健康観察期間は、新型コロナウイルス感染症患者と最後に接触があった最終日の翌日から5日間となります。健康観察期間中は不要不急の外出は自粛し、健康観察をお願いします。

毎日の健康チェック

療養中は、毎日朝・夕に下記の内容をご自身でチェックしていただきます。
測定結果は記録表に記入するなどして、メモしておいてください。(記録表ダウンロード(PDF:133KB)

保健センターからの連絡

  • 重症化リスクの高い方のみに連絡しています。連絡があった際は、測定結果をお伝えください。

  • 緊急性の高い症状がみられたときや、パルスオキシメーターで測定した血中酸素飽和度の数値が95%以下のときは、すぐに保健センターへ連絡してください。(保健センター連絡先

急に症状が悪化するなど、救急車を呼ぶ場合は、必ず「新型コロナウイルス感染症にかかっている」ことを伝えてください。

体調が悪化した場合の相談窓口

相談窓口

連絡先

無症状・低リスクの方の療養に関するお問い合わせ、食糧支援など

自宅療養フォローアップセンター

重症化リスクの高い方

各区の保健センター

薬剤・抗原検査キットの配布(基礎疾患のない6歳~59歳の方)

オンライン確認センター

医療機関のご案内・ご家族の健康相談

健康相談窓口

低リスクの方とは下記項目のいずれにも該当しない方
※重症化リスクの高い方とは下記項目のいずれかに該当する方、又は各区保健センターから連絡があった方
①65歳以上の方
②入院を要する方
③重症化リスクがあり、コロナ治療薬の投与又は酸素投与が必要と医師が判断する方
④妊婦の方

自宅療養中に気を付けること

  • 自宅療養中は外出をしないでください。ただし、感染予防行動を徹底することにより、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことができるようになりました。
    〇対象者
    ・症状軽快から24時間経過した方
    ・当初から無症状の方
    〇外出時等の感染予防行動
    ・外出時や人と接する際は短時間
    ・移動時は公共交通機関を使わない
    ・外出時や人と接する際に必ずマスクを着用

  • こまめな手洗いをし、部屋の換気を十分にしてください。(手洗いのポイント(外部リンク)

  • 鼻をかんだティッシュ等は密閉して捨ててください。

  • ごみは厳重に密閉して一般ごみとして捨ててください。(新型コロナ感染時のごみの出し方

  • ごみ出しの際は、マスク・手袋を着用し、廃棄後は手洗いをしてください。

  • 健康状態の正確な把握が困難となるおそれがあるため飲酒・喫煙は厳禁です。

同居の方がいる場合

同居者がいる場合は、患者の方と生活空間を分けて、家の中でも全員がマスクを着用してお過ごしください。

同居家族等の待機期間について

陽性者の発症日又は陽性者と住居内で感染対策を開始した日のいずれか遅い方を0日目と
して、5日間(6日目解除)とする。ただし、当該同居家族等の中で別の家族が発症した場合等は、
改めてその発症日を0日目として起算してください。
また、ここで言う感染対策は、日常生活を送る上で可能な範囲での、マスク着用、手洗い・
手指消毒の実施、物資等の共用を避ける、消毒等の実施等の対策を想定しています。

同居人がいるときの自宅療養の注意事項

  • 同居する全員がこまめに手洗いをする。
  • ドアノブなど手を触れる部分は、アルコール等で消毒する。(消毒のポイント(外部リンク)
  • トイレ・風呂などを共用する場合は、清掃と換気を十分にする。
  • お風呂(入浴)は自宅療養中の患者が最後に入る。
  • タオル、寝具、食器は、専用のものを用意する。
  • 衣類・シーツの洗濯は患者のものは分けて洗う。(洗濯機は共用、洗剤は通常のもので構いません)
  • 同居の方が患者の衣類等を扱うときは、手袋・マスクをつける。
  • 洗濯後はしっかりと乾燥させる。
  • 不要不急の訪問者は受け入れない。
  • 配達員と極力接触しないよう気を付ける。

療養者フォローアップガイド

お問い合わせ先

検査や受診、診断に関するお問合せはよくある質問と回答をご確認ください。

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア