現在位置

新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルスについて > 新型コロナウイルス感染症の検査や受診、入院から退院の流れ

更新日:2021年9月8日

新型コロナウイルス感染症の検査や受診、入院から退院の流れ

ここから本文です。

発熱・咳などの症状があり、医療機関を受診したいとき

発熱・咳などの症状があり、医療機関を受診したい場合、原則、かかりつけ医が受診し、必要に応じてPCR検査を行います。

どうしたらいいか調べる
フローチャート(PDF:517KB)

 

新型コロナウイルス感染症と診断されたとき

現在、神戸市で新規患者が急増しているため、患者さまへのご連絡が医療機関から告知をされた翌日や翌々日になってしまうことがあります。
保健所保健センターからの連絡があるまでの間、しばらくお待ちください。
詳細・相談先は、新型コロナウイルス感染症と診断された方へ(PDF:444KB)をご確認ください。
 

身近で新型コロナウイルス感染症の患者が発生したとき

「知人が陽性」また「職場で陽性者が発生」の時、どうするのかチェック表を作成しました。ご活用ください。

「知人が陽性」そのときどうする?(PDF:944KB)

「職場で陽性者が発生」そのときどうする?(PDF:999KB)
該当者リスト(EXCEL:16KB)

「保育所・学校等で陽性者が発生」そのときどうする?(PDF:969KB)

   

感染の可能性がある場合には

(1)陽性患者と同居されている方
保健所の指示に従っていただくようお願いします。

(2)発熱等の症状のある方
まずはかかりつけ医にご相談ください。相談及び受診の際は、必ず事前に電話で連絡をお願いします。
かかりつけ医がいない、もしくは受診が難しい場合には、新型コロナウイルス専用健康相談窓口で診療可能な医療機関をご案内します。なお、その際には「陽性者と接触があった」ことを伝えた上でご相談ください。

(3)無症状の方
原則、陽性患者と最後に会った日から14日間自宅待機をしていただき、毎日体温を測り、健康観察をお願いします。ご相談がある場合には、新型コロナウイルス専用健康相談窓口にご連絡ください。なお、その際には「陽性者と接触があった」ことを伝えた上でご相談ください。

新型コロナウイルス専用健康相談窓口(078-322-6250)

積極的疫学調査の重点化と自宅療養者の健康観察の充実

今般、新規陽性患者が急増しており、当面の間、市内全保健センターにおいて積極的疫学調査の対象を絞るとともに、自宅療養者等の健康観察の充実などを行います。
新型コロナウイルス感染症積極的疫学調査の重点化については、こちらのページ(PDF:97KB)をご覧ください。
自宅療養者等における健康観察の充実については、こちらのページ(PDF:93KB)をご覧ください。
市民病院による入院待機者等への往診等の実施については、こちらのページ(PDF:99KB)をご覧ください。

就業制限期間が終了した方で確認通知書が必要な場合は、居住地の保健センターに事前に連絡の上
「確認請求書」こちらのページ)PDF:67KB)を提出してください。
記入の見本については、こちらのページ(PDF:282KB)をご覧ください。
 

PCR検査 

PCR検査は、ウイルスに感染しているかどうかを確認するための、国の基準に基づいた検査です。通常は、医師の判断による場合や、濃厚接触者に該当した場合に行いますが、神戸市では、濃厚接触者に該当しなくても、一定の基準に基づき積極的に検査を行っています。

PCR検査の対象

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア