ホーム > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

最終更新日:2023年10月5日

ここから本文です。

新規感染者数等の公表

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は2023年5月7日までは全数把握対象の疾患として、医師からの届出に基づき、新規感染者等を把握し、現在の発生状況等を毎日公表してきました。
2023年5月8日以降、国は新型コロナウイルス感染症を5類感染症に変更することと併せて、定点把握対象の疾患とし、週単位で都道府県が指定した医療機関からの届出により発生状況を把握することとしました。
神戸市では週単位で把握した発生状況を神戸市感染症統合情報システムで公表しています。

感染症統合情報システム(外部リンク)

また、週に1回、週単位で把握した発生状況及び入院患者の状況等を報告しています。

新型コロナウイルス感染症の発生状況(記者提供資料)

※全数把握対象疾患とは・・発生数が希少、あるいは周囲への感染拡大防止を図ることが必要な疾患です。
※定点把握対象疾患とは・・発生動向の把握が必要なもののうち、季節性インフルエンザ等の患者数が多数で、全数を把握する必要はなく、流行の動向を把握する必要があるものです。

新型コロナウイルスの変異株に関する情報

2023年5月8日までの感染状況

お問い合わせ先

健康局保健所保健課