ホーム > 子育て > 乳幼児期(0~5歳) > 子ども・子育て支援新制度 > 保育認定を受けた子どもに係る利用者負担額(保育料)

保育認定を受けた子どもに係る利用者負担額(保育料)

最終更新日:2024年3月26日

ここから本文です。

教育・保育給付認定(2・3号認定)を受けた子どもに係る利用者負担額(保育料)は、保護者の所得に応じて神戸市が決定します。
市町村民税(特別区民税を含む。)額により階層に区分しており、この階層区分は、子どもと同一世帯に属する父母及び父母以外で家計の主宰者となる方のすべての市町村民税の合算によって決定します。

※0~2歳児の利用者負担額について、すべての世帯において第2子は半額・第3子以降は無償になります。また、3~5歳児の副食費(おかず代やおやつ代)について、市民税の所得割合算額が57,700円未満(ひとり親家庭、在宅障害児(者)のいる世帯等は77,100円以下)の世帯の児童及び、すべての世帯の第3子以降の児童は免除となります。

※1号認定児童の利用者負担額は、幼児教育・保育の無償化の開始に伴い無料となったため、利用者負担額表は発行していません。

2024年度 利用者負担額表

2024年度 利用者負担額表(PDF:837KB)

神戸市の市民税額の確認方法を知りたい方は、以下をご確認ください。

18歳以上のお子さま・別居しているお子さまがいる場合

18歳以上のお子さまや別居しているお子さま(寮等)がいる場合は、下記の必要書類をご提出いただくことで扶養順の子に数えることができ、利用者負担額の軽減・副食費の免除の対象となる場合があります。

9月の利用者負担額等切替えについて

教育・保育施設、地域型保育事業を利用する方々は、毎年9月に利用者負担額(保育料)等の年度切替えがあります。書類の提出が必要な方へ、区役所・支所・行政事務センターよりお手紙等でご案内しますので、期日までにご提出をお願いします。

保育標準時間内延長保育料について

保育短時間認定を受けているお子さまの標準時間内延長保育料*は以下の料金表のとおりです。

標準時間内延長保育料(PDF:114KB)

※保育短時間(施設の定める8時間)認定を受けている方が、8時間を超えて保育標準時間(施設が定める11時間)内での延長保育を希望する場合に発生する料金です。保育標準時間を超えた延長保育料については、各施設にご確認ください。

お問合せ先

チャットボットをご利用ください

利用者負担額(保育料)の問い合わせ

  • 神戸市行政事務コールセンター
    TEL:078-291-5952
    FAX:078-291-5953
    E-mail:kobe_gyosei_call@rapid.ocn.ne.jp

FAX、E-mailでの認定状況等の個別のお問合せについては、「住所」、「お子さんの氏名/名前」、「お子さんの生年月日」を必ずご記載ください。

お問い合わせ先

こども家庭局幼保事業課