現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 地域での子育て > 児童館・学童保育 > 放課後児童健全育成事業(学童保育) > 神戸市立放課後児童クラブ利用料減免制度

更新日:2020年10月5日

神戸市立放課後児童クラブ利用料減免制度

ここから本文です。

このページは公設(神戸市立)をご利用の方向けの減免制度のご案内を掲載しています。民設(神戸市立でない)学童クラブをご利用の方向けの利用料助成費交付制度については民設学童クラブ利用料助成費交付制度をご参照ください。

1.減免制度の概要

令和3年度放課後児童クラブ利用料減免制度のご案内(PDF:772KB)

減免区分 必要書類 入手場所
生活保護受給世帯 全額免除 生活保護適用証明書【保護者と登録児童の分】 区役所で発行されたもの
前年度分の市民税非課税世帯(※2)のうち母子・父子家庭 全額免除 右の書類どちらも必要です。 市民税非課税であることが分かる書類 令和2年度市民税非課税証明書(※1)【令和元年分所得】 市税事務所(区役所内)で発行されたもの
母子・父子家庭であることが分かる書類 児童扶養手当証書(写) 既にお持ちのもの
ひとり親家庭等医療費受給者証(写)等
前年分の所得税非課税世帯(※2)(※3) 2分の1免除 所得の分かる書類【令和2年分所得】
・世帯全員の書類が必要です。
源泉徴収票(写) 勤務先から交付を受けたもの
令和2年所得税確定申告書(写)等(※4) 税務署に申告したもの
  • 1.市税事務所では、証明書申請の際に窓口に来られた方の本人確認を行いますので、本人確認書類(運転免許証・旅券などの官公署が発行した写真付き身分証明書等)をお持ちください。
  • 2.市民税額を計算する場合には、調整控除以外の税額控除は適用しません。
  • 3.所得税額を計算する場合には、所得控除のうち寄付金控除と、各税額控除は適用しません。
  • 4.源泉徴収票の交付を受けておらず、所得税確定申告を行っていない方は、収入申告書をご提出ください。
  • 5.2010年度(平成22年度)税制改正前の扶養控除を適用した場合に非課税扱いになる世帯を含みます。詳細は、放課後児童クラブ(学童保育)利用料減免制度のご案内の裏面をご一読ください。
  • 6.上記に加え、里親委託を受けられている場合には里親委託証明書をご提出いただくことで減免対象となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

提出いただいた書類の確認のため問い合わせする場合があります。

2.手続き

申請書に必要事項を記入の上、必要書類を添えて、下記まで郵送してください。
〒650-0032
神戸市中央区伊藤町111番地神戸商工中金ビル4F
神戸市行政事務センター(学童保育担当)

3.申請書類

申請書類は下記からダウンロード・印刷できるほか、各児童館・学童保育コーナーにて入手いただくこともできます。

令和3年度神戸市放課後児童クラブ利用料減免(減免取消)申請書(PDF:188KB)

申請書類記載見本(PDF:609KB)

令和2年度の減免をこれから申請される場合は下記をご利用ください。

令和2年度神戸市放課後児童クラブ利用料減免(減免取消)申請書(PDF:188KB)

4.留意事項

  1. 減免申請は、毎年必要です。
  2. 兄弟等で同一のクラブを利用している場合は、全員の名前を記載して申請してください。なお、クラブが異なる場合は、個々に申請してください。
  3. 年度途中から該当世帯になられた場合は、申請の翌月からの適用となります。
  4. 減免の事項に該当しなくなった場合は、速やかに届けてください。

5.問い合わせ先

神戸市行政事務センター(学童保育担当)
電話(078)381-5533(平日午前8時45分~午後5時30分)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局こども青少年課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階