ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 行財政局の計画・事業等 > ファシリティマネジメントの推進

ファシリティマネジメントの推進

最終更新日:2021年10月26日

ここから本文です。

  • [3月29日]神戸市公共施設等総合管理計画(2016年3月29日)
  • [4月7日]ファシリティマネジメントの推進について 基本的な考え方(2011年4月7日)

神戸市公共施設等総合管理計画(平成28年3月)

 神戸市が整備・保有している公共施設等(市民利用施設や庁舎・学校・市営住宅などの建築物系施設と道路・トンネル・公園・上下水道などのインフラ系施設の全て)の維持管理に関する基本的な方針や考え方を取りまとめた「神戸市公共施設等総合管理計画」を策定しました。
    計画期間は平成28年度から令和7年度までの10年間です。

ファシリティマネジメントの推進について 基本的な考え方(平成23年3月)

 少子高齢型の人口減少社会の到来に伴って社会情勢が変化し、歳入歳出構造の変化による財政的な制約が増大していく中で、これまでに人口増加や経済成長にあわせて整備拡充をしてきた公共施設群が、続々と大規模改修や建替え時期(築40年前後)を迎え、維持管理及び保全整備コストの増加が避けられません。
「世代を超えて市民のくらしを多面的に支える公共施設」について、市民の利便性を比較考慮しながら最小の経費で最大の効果を発揮していくために、ファシリティマネジメントの推進にあたっての、本市の基本的な考え方についてまとめました。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

行財政局資産活用課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1  神戸市役所1号館17階