現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 介護・高齢者福祉 > 高齢者福祉 > 生きがいと社会参加 > 優待制度 > 福祉乗車制度(福祉パス)について

更新日:2019年11月1日

福祉乗車制度(福祉パス)について

ここから本文です。

市内在住の障害のある方や母子世帯の方などに対して、社会参加の促進と移動支援を図るため、福祉パスを交付しています。
使用方法等については、下記及びリンク先のポケットガイドをご覧ください。
※ポケットガイドは令和元年6月現在の情報に基づいております。内容が変更になる場合がありますのでご注意ください。

1.対象者と対象交通機関

(1)対象者

福祉パスには、記名人単独でご利用いただく「単独乗車証」と、介護のために同乗される方1名と利用できる「介護付乗車証・介護者用通行証」があり、それぞれの対象者は以下のとおりです。なお、小学生以下の方には福祉パス磁気カードが、それ以外の方には福祉パスICカードが交付されます。磁気カードとICカードでは使用方法及び有効期間が異なりますのでご注意ください。

ア.単独乗車証

次の方には、券面に氏名を記載された方(記名人)のみ使用可能な「単独乗車証」が交付されます。

  • 第1種を除く身体障害者1~4級の方
  • 精神障害者2・3級の方
  • 母子世帯の方
  • 原爆被爆者の方
  • 戦傷病者の方
  • 中国残留邦人等世帯の方
  • 中国残留邦人等高齢者の方

イ.介護付乗車証・介護者用通行証

次の方には、券面に氏名を記載された方(記名人)のみ使用可能な「介護付乗車証(「介」表示分)」と、記名人の介護のために同乗する方1名が使用可能な「介護者用通行証(「添」表示分)」が交付されます。

  • 第1種身体障害者の方
  • 知的障害者の方
  • 精神障害者1級の方

(2)対象交通機関

福祉パスにより、市内を運行する下記の交通機関を無料で利用できます。(一部利用できない区間があります。詳細は福祉パス交付時にお渡しするポケットガイド等でご確認ください。)

ア.鉄道

  • 神戸市営地下鉄
  • ポートライナー、六甲ライナー

イ.バス

  • 神戸市バス
  • 神戸交通振興バス(シティー・ループ線を除く)
  • 神姫バス、神姫ゾーンバス
  • 山陽バス
  • 神鉄バス
  • 阪神バス
  • 阪急バス

2.交付申請

福祉パスの交付資格を有することを証する書類(下記参照)及びご印鑑をお住まいの区役所、支所、出張所に持参し、交付申請の手続きを行ってください。代理人の方がお手続きされる場合は、上記に加え、代理人の方の本人確認書類及びご印鑑を併せてご持参ください。(北区、西区の連絡所ではお取扱いできませんのでご注意ください。)

福祉パスの交付資格を有することを証する書類

  • 【身体障害者(1~4級)の方】身体障害者手帳
  • 【知的障害者の方】療育手帳(または判定書)
  • 【精神障害者の方】精神障害者保健福祉手帳
  • 【母子世帯の方】母子家庭等医療費受給者証または児童扶養手当証書
  • 【中国残留邦人等支援給付世帯の方】中国残留邦人等支援給付受給者本人確認証

3.福祉パスの使い方

(1)利用者負担額

対象区間については無料でご利用いただけます。

(2)有効期間

福祉パスは券面に記載されている有効期限(磁気カードは約1年間、ICカードは約10年間)までご利用いただけます。ただし、福祉パスの交付資格がなくなった場合(手帳の期限切れ、受給資格の喪失、市外へ転出する場合等)は、速やかにお住まいの区役所にご返却ください。

(3)使用方法

小学生以下の方には福祉パス(磁気カード)を、それ以外の方には福祉パス(ICカード)を交付します。それぞれの使用方法は以下のとおりです。

ア.福祉パス(磁気カード)の使用方法

(ア)記名人が単独で利用する場合
バス(各社共通)

乗務員(運転士)に、福祉パス(磁気カード)の表面(氏名等が記載されている面)をはっきりと見せてください。乗務員が表面を確認できないと判断した場合は呼び止めることがあります。

神姫バス・阪急バス(対象区間を乗り越す場合)

福祉パスが利用できる区間を越えて乗車する場合、乗車時に整理券を取り(ただし、始発は除く)、降車時に福祉パス(磁気カード)、整理券を乗務員に提示し、乗り越された区間に対応する運賃を支払ってください。(乗車証利用区間との差額ではありません。)

神戸市営地下鉄、ポートライナー・六甲ライナー

特別な理由がない限り、自動改札機による改札を受けて入出場してください。ポートライナー・六甲ライナーの無人駅で、自動改札機が故障などにより利用できない場合は、お近くのインターホンで係員までご連絡ください。

(イ)介護者と同乗して利用する場合
バス(各社共通)

介護付乗車証(磁気カード・「介」表示分)1枚で、名義人と、名義人の介護のために同乗する方1名が無料で乗車できます。

神戸市営地下鉄、ポートライナー・六甲ライナー

名義人は介護付乗車証(「介」表示分)を、介護する方は介護者用通行証(「添」表示分)を使用してください。なお、介護する方が単独で介護者用通行証(「添」表示分)を使用することはできません。使用した場合は不正使用となり、名義人の介護付乗車証も無効回収し、発行を停止します。また、鉄道会社の規定により正規運賃及び割増運賃を徴収される場合があります。

イ.福祉パス(ICカード)の使用方法

福祉パス(ICカード)を、バスに設置のICカード読み取り部や、神戸市営地下鉄等のIC対応改札機のICカード読み取り部に1秒程度タッチすることにより、無料でご乗車できます。

ICカード読み取り部にタッチすると、「ピッ」と音がして、読み取り部周辺が青または緑色に光り、料金表示部に「ありがとうございました」等の文字が表示されます。※一部機器を除く

ICカードのタッチが困難な場合は、乗務員または駅係員にお声かけください。

介護者と同乗して利用する場合は、「介護付乗車証(水色のカード、「介」表示分)と「介護者用通行証(白色のカード、「添」表示分)を、それぞれ一枚ずつICカード読み取り部にタッチしてください。

(ア)記名人が単独で利用する場合
バス(各社共通)
  • 福祉パス(ICカード)をご用意ください。
  • そのまま乗車してください。下記の(注)の場合は、降車時だけでなく、乗車時にも福祉パス(ICカード)を読み取り部に1秒程度タッチしてください。
  • 降車時は福祉パス(ICカード)を読み取り部に1秒程度タッチしてください。
  • バスを降車できます。

(注)神姫バス・神姫ゾーンバス・山陽バス(55系統伊川谷高校前発着便・明石線60~66系統)・神鉄バス・阪神バス・阪急バス・市バス近郊区を含む系統をご利用の場合は、必ず乗車時にICカード読み取り部にタッチしてください。

神戸市営地下鉄、ポートライナー・六甲ライナー
  • 福祉パスをご用意ください。
  • 入場時に福祉パス(ICカード)を、ICカード対応改札機の読み取り部に1秒程度タッチしてください。
  • 出場時にもICカード対応改札機の読み取り部に1秒程度タッチしてください。
  • 改札機を通過できます。

(注)福祉パス(ICカード)を改札機の磁気カードの投入口に絶対に入れないでください。改札機の故障や福祉パス(ICカード)が破損することがあります。

(イ)介護者と同乗して利用する場合
バス(各社共通)
  • ご自身の福祉パスICカード(「介」表示分)及び介護者用通行証(「添」表示分)をご用意ください。
  • そのまま乗車してください。下記の(注)の場合は、降車時だけでなく、乗車時にもご自身は福祉パスICカード(「介」表示分)を、介護する方は介護者用通行証(「添」表示分)をそれぞれICカード読み取り部に1秒程度タッチしてください。
  • 降車時は、ご自身は福祉パスICカード(「介」表示分)を、介護する方は介護者用通行証(「添」表示分)をそれぞれICカード読み取り部に1秒程度タッチしてください。
  • バスを降車できます。

(注)神姫バス・神姫ゾーンバス・山陽バス(55系統伊川谷高校前発着便・明石線60~66統)・神鉄バス・阪神バス・阪急バス・市バス近郊区を含む系統をご利用の際は、必ず乗車時にICカード読み取り部にタッチしてください。

神戸市営地下鉄、ポートライナー・六甲ライナー
  • ご自身の福祉パスICカード(「介」表示分)及び介護者用通行証(「添」表示分)をご用意ください。
  • 入場時に、ご自身は福祉パスICカード(「介」表示分)を、介護する方は介護者用通行証(「添」表示分)をそれぞれICカード対応改札機の読み取り部に1秒程度タッチしてください。
  • 出場時も、ご自身は福祉パスICカード(「介」表示分)を、介護する方は介護者用通行証(「添」表示分)をそれぞれICカード対応改札機の読み取り部に1秒程度タッチしてください。
  • 改札機を通過できます。
ご注意

介護付乗車証・介護者用通行証の利用にあたっては、下記の点にご注意ください。

  • 介護者用通行証は、対象区間では単独で利用することはできません。単独で使用した場合は「不正使用」となり、記名人の介護付乗車証も無効回収し、発行を停止します。
  • 対象区間外で利用する場合は、事前に入金(チャージ)した金額から普通運賃が引去られます。この場合、身体障害者手帳・療育手帳提示による各交通機関からの割引の適用はできません。

4.利用状況

(1)交付対象者数

平成31年3月末時点での交付対象者数は74,867人となっています。対象者別の内訳は下表のとおりです。

【表1】福祉パス交付状況

 

母子世帯

身体障害者

知的障害者

精神障害者

被爆者・

戦傷病者

中国残留

邦人等

合計

平成31年3月末

11,044人

36,636人

11,950人

14,419人

769人

49人

74,867人

(2)乗車実績

福祉パスの1日あたりの平均利用者数は平成30年4月~平成31年3月は55,672人/日となっており、神戸市から各交通事業者に支払われる負担金は、平成30年度決算額で約15.8億円です。事業者別の内訳は下表のとおりです。

【表2】福祉パス乗車実績(1日平均)※神戸市保健福祉局推計

期間

市バス

地下鉄

新交通

民間バス

(5社)

合計

平成30年4月

平成31年3月

20,717人/日

17,828人/日

3,234人/日

13,893人/日

55,672人/日

【表3】交通事業者への負担金

期間 市バス 地下鉄 新交通

民間バス

(5社)

合計
平成27年度決算 5.5億円 5.4億円 0.9億円 4.0億円 15.8億円
平成28年度決算 5.4億円 5.5億円 0.9億円 4.0億円 15.8億円
平成29年度決算 5.4億円 5.5億円 0.9億円 4.0億円 15.8億円
平成30年度決算 5.3億円 5.6億円 0.9億円 4.0億円 15.8億円

5.制度の検討について

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部高齢福祉課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階