ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 難病など > 特定医療費(指定難病)助成制度の更新申請・変更申請・その他

特定医療費(指定難病)助成制度の更新申請・変更申請・その他

最終更新日:2022年5月9日

ここから本文です。

重要なお知らせ

【受給者証に記載する指定医療機関等の記載方法の変更について】new

これまで神戸市では受給者の方から申し出のあった指定医療機関名を個々に記載しておりましたが、令和4年4月1日以降に交付する受給者証から以下のとおり順次受給者証の切り替えを行います。
指定医医療機関欄の記載を「神戸市の指定医療機関」へ変更します
神戸市の指定医療機関のほか、「難病法」に基づく指定医療機関(病院・診療所・薬局・訪問看護ス
 テーション)で使用できます
令和4年4月1日以降は、受給者証に記載する指定医療機関の追加・削除の変更申請は不要になります
変更についての詳細は下記のリーフレットをご覧ください
リーフレット:令和4年4月1日から、特定医療費(指定難病)受給者証に記載のない指定医療機関でも、受給者証を使用できるようになります)(PDF:1,349KB)


【令和4年度の更新申請の取扱い】new

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、令和3年度の更新申請は、有効期間の終期を令和3年10月31日から令和4年1月31日まで3か月延長しました。

令和4年度の更新申請については、新型コロナウイルス感染症に関する特例措置は実施しません。
有効期間の切れた受給者証はご使用できませんので
、ご注意ください。

  • 更新申請受付期間:令和4年6月1日(水曜)~7月29日(金曜)
  • 令和4年10月31日まで申請を受付しますが、新しい受給者証のお届けが遅くなる場合があります。
  • 11月1日以降の申請の場合は、新規申請の扱いとなります。
  • 更新申請のご案内については、対象の方に5月下旬から順次発送予定です。
【対象疾病に6疾病が追加】

令和3年11月1日から難病医療費助成制度の対象疾病(指定難病)に6疾病が追加されます。
詳しくは厚生労働省(令和3年11月1日施行の指定難病(告示番号288,334~338)(外部リンク)をご覧ください。

厚生労働省からの通知文(令和2年4月10日)

 

申請窓口

お住まいの(住民票のある)区役所の保健福祉課へ

更新申請手続き

受給者証をお持ちの方が、有効期間終了後も継続して受給者証を利用されるためには、有効期間中に更新手続きを行っていただく必要があります。
 

更新申請時に全員に必要な書類
書類
☆:窓口で配布、もしくは下記よりダウンロードも可能
備考
1 特定医療費(指定難病)支給認定申請書(更新)〔様式2号〕R4.4.1改訂☆(EXCEL:50KB) 更新案内とともに郵送します。
2 診断書(臨床調査個人票)☆ 対象の疾患ごとに所定の様式があります。
難病指定医もしくは難病協力指定医である医師に記載してもらってください。
(参考)厚生労働省のホームページ(外部リンク)
(※)指定難病の臨床調査個人票(新規)に添付する資料(WORD:23KB)
3 特定医療費(指定難病)受給者証<コピー>  
4 受給者本人の健康保険証<コピー>  
5 支給認定基準世帯の健康保険証<コピー>  

該当する方のみに必要な書類
該当条件 必要書類
6 「高額かつ長期」・「軽症高額」を申請する方 自己負担上限額管理票<コピー>
※申請日を含む月以前の12か月分必要
7 (a)国民健康保険組合に加入の方
(b)社会保険に加入で、被保険者が非課税の方
(c)支給認定基準世帯で、今年の1月1日次元で神戸市外に住民票があり、マイナンバーを提出しない方
(a)同じ保険の方全員分の(非)課税証明書
(b)被保険者の非課税証明書
(c)対象者の(非)課税証明書
<(a)~(c)原本> ※発行後3か月以内のもの
8 収入申し立てで、自己負担上限額2,500円を希望し、80万円以下の非課税収入がある方

令和3年1月~12月の非課税収入(障害年金・遺族年金等)の証明書類等<コピー>

9 (a)生活保護を受給している方
(b)境界層該当と認定されている方
(a)生活保護適用証明書
(b)境界層該当証明書
<(a)・(b)原本> ※発行後3か月以内のもの
 
10 受給者本人と同じ健康保険に加入の指定難病・小児慢性特定疾病医療費受給者証所持者がいる方 該当者指定難病・小児慢性特定疾病医療受給者証
<コピー>
11 支給認定基準世帯で今年の1月1日時点で神戸市外に住民票があった方/他都市に納税している方 マイナンバー等確認書類<郵送申請の場合はコピー提出、窓口申請の場合は提示>
12 成年後見人による申請の場合

登記事項証明書<原本>

※発行後3か月以内のもの

 

 

変更申請手続き

既に支給認定を受けている特定医療費(指定難病)受給者証の内容について、変更が必要な場合には、その旨を届けてください。変更内容により、必要書類が異なりますので、ご注意ください。
受給者証の負担上限月額に変更がある場合には、変更手続きが行われた日が属する月の翌月から変更認定後の負担上限月額を適用します。
なお、変更認定後の負担上限額の効力は医療受給者証の有効期間内に限ります。

手続きが必要な変更内容

次のような変更がありましたら、速やかに変更の申請・届出をお願いいたします。

変更申請(下記1~4)

  • 1.他の指定難病を発症し、支給認定を希望
  • 2.人工呼吸器装着の支給認定を希望
  • 3.「高額かつ長期」の支給認定を希望
  • 4.同一保険に加入の家族が指定難病または小児慢性特定疾病の受給者証の交付を受けたとき

変更届(下記5~12)

  • 5.受給者の氏名・住所の変更
  • 6.申請者の氏名・住所の変更
  • 7.送付先の変更を希望
  • 8.個人番号の変更
  • 9.健康保険証の変更(被保険者、世帯員の変更を含む)
  • 10.生活保護廃止(健康保険加入)
  • 11.生活保護開始
  • 12.課税状況の変更による適用区分の変更

変更申請にお持ちいただくもの

下記表の書類と併せて、

  • 現在使用中の受給者証
  • 申請者の身分を証明する書類

もご持参ください。

該当する方のみに必要な書類
変更事項 書類
☆:下記よりダウンロード可能
備考
1.指定難病の名称の変更・追加 診断書は、対象の疾患ごとに所定の様式があります。
難病指定医に記載してもらってください。
(参考)厚生労働省のホームページ(外部リンク)
(※)指定難病の臨床調査個人票(新規)に添付する資料(WORD:23KB)

軽症高額については、
「軽症高額」とは(※該当ページにリンク)を参照
2.新たな人工呼吸器装着申請 診断書は対象の疾患ごとに所定の様式があります。
難病指定医に記載してもらってください。
(参考)厚生労働省のホームページ(外部リンク)
3.高額かつ長期療養に変更  
4.世帯内受給者  
  •  

変更届にお持ちいただくもの

下記表の書類と併せて、

  • 現在使用中の受給者証
  • 申請者の身分を証明する書類

もご持参ください。

該当する方のみに必要な書類
変更事項 書類
☆:下記よりダウンロード可能
5.受給者の氏名・住所等の変更
6.申請者の氏名・住所等の変更
7.送付先の変更
8.個人番号の変更
9.健康保険証の変更
10.生活保護廃止
11.生活保護開始
12.課税状況の変更
 

3.再交付申請(紛失・破損)の申請手続き

受給者証を紛失・破損等により再交付を申請するときは、以下の書類を提出ください。

4.他の都道府県(指定都市)へ転出したときの申請手続き

他の都道府県(または神戸市外の政令指定都市)へ転出したとき、もしくはする予定があるときは、以下の書類を転出前の区役所保健福祉課へ提出ください。
転出後は、すみやかに転出先の申請窓口で、支給認定の手続きをお願いします。

(※)転出先の都道府県(政令指定都市)で支給認定を受ける場合には、受給者証の写しが必要です。ご自身でコピーなどをお取りください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア